アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
ヘッダーバナー

モルトンブラウン ウード・アコード&ゴールド ボディオイル 100ml

¥8,800(税込)
  • EDITOR'S REVIEW
  • 口コミ

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』の使用感をレポ

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』の使用感をレポに関する画像1

今回は、MOLTON BROWN(モルトンブラウン)の『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』をご紹介します。
NOIN編集部なつみが実際に使った感想を徹底レポしていきますので、お買い物の参考にしてくださいね。

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルの香りや使い心地は?

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』の使用感をレポに関する画像4

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルは、上品で落ち着きのあるブラウンのパッケージ。容量は100mlです。
それでは、ウード・アコード&ゴールド ボディオイルの香りや使い心地などをご紹介していきます。

軽やかなテクスチャー

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』の使用感をレポに関する画像7

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルを手に出してみると、クリアなオレンジのオイルでなめらかなテクスチャーをしています。
軽やかで伸びがよく、うるおいのある肌に整えてくれるんです。
ベタつきにくいから、「オイル特有の重たさが苦手」という方でも使いやすいのではないでしょうか。

ウード・アコードは奥深く華やかな香り

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルは、スパイシーで奥深い香りをしています。時間が経つにつれエレミやミルラの爽やかさと甘さも加わり、どこか華やかで神秘的な香りを楽しむことができますよ。

トップノート:シナモンリーフオイル
ハートノート:エレミオイル
ベースノート:リッチウード・アコード

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルの使い方

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)『ウード・アコード&ゴールド ボディオイル』の使用感をレポに関する画像12

ウード・アコード&ゴールド ボディオイルは、入浴後の肌に使うのがおすすめです。
適量を手に取り、やさしくマッサージするようになじませてください。

ボディオイルの香りは全8種類!

モルトンブラウンのボディオイルは、全8種類の香りを楽しむことができます。
今回ご紹介した『ウード・アコード&ゴールド』の他にも、爽やかなシトラスが広がる『オレンジ&ベルガモット』や、ホワイトフローラルの豊かな香りが魅力の『フローラ ルミナーレ』もおすすめです。
お気に入りの香りを見つけてみてくださいね♡

MOLTON BROWN(モルトンブラウン)ってどんなブランド?

モルトンブラウンは、ロンドン発祥のラグジュアリーフレグランスブランドです。
'Made by individuals, for individuals'をコンセプトに、個々の個性を活かした香りとライフスタイルを提案しています。
豊かなアロマ、心地よいテクスチャー、スタイリッシュなパッケージの商品を豊富なラインナップで、お客様の日常をラグジュアリーで満たされた時間へ演出します。

モルトンブラウン ウード・アコード&ゴールド ボディオイル 100ml の口コミ (0件)

0.0

商品情報

リキッド・ゴールドと呼ばれるほど高価な“ウード”をメインフレグランスとした神秘的で奥深い香りのボディオイルです。

24カラットのゴールドフレークが華やかさを添えます。

肌にうるおいを与え、なめらかで艶やかな肌に整えます。



リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。



【フレグランス】

フレグランスノート

ウッディ・オリエンタル



トップノート

ダバナ、ベルガモット、ブラックペッパー、カルダモン



ハートノート

サフラン、ローズ、ブラックティ、バニラ



ベースノート

ウード、ハニー、タバコ、スティラックス・レズン



【使用方法】

入浴後の肌にお使いください。適量をとり、やさしくマッサージするように肌になじませてください。



【使用上の注意】

●傷、はれもの、湿疹等異常のある所には使わないでください。

●肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

肌に合わない時、使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、

日光があたって同様の異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談してください。使い続けると症状が悪化することがあります。

もっと見る
このページをシェアする
Twitterで共有 Facebookで共有 LINEで共有