アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
ヘッダーバナー

do natural クラリファイング ウォッシング フォーム 120g

¥1,980(税込)
198pt還元

商品情報

【天然由来成分90%以上*1】【7つの無添加*2】【アレルギーテスト済※】

天然由来成分を90%以上配合したナチュラルスキンケアブランドdo natutal(ドゥーナチュラル)のコシのある弾力泡でつるんと洗い上げる洗顔フォーム

キメ細かくボリュームのある泡が肌を包みこみ、毛穴のよごれや古い角質を落とします。

植物由来の洗浄成分でやさしく洗い上げ、つっぱらずつるんとなめらかな肌に。

*1 水を含む

*2 石油系界面活性剤フリー / 合成香料フリー / アルコールフリー / 鉱物油フリー / 防腐剤フリー / 着色料フリー / シリコーンフリー

※ すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。



【こんな方に】

・たっぷりの泡でやさしく洗顔したい

・つっぱらない洗顔が好き

・毛穴よごれ、くすみ、肌のざらつきが気になる



【香り】

天然精油100% リラックスハーバルブーケの香り

ゼラニウム、ラベンダー、ローズマリーの天然精油100%をオリジナルブレンドした、爽やかなハーバルブーケの香り。

思わず深呼吸したくなるような自然の香りで、毎日のスキンケアタイムを至福の時間に。

合成香料は一切使用していません。

もっと見る

EDITOR'S REVIEW

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!に関する画像1

今回はdo natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』をご紹介します。
NOIN編集部あやのが徹底レポしていくので、ぜひお買い物の参考にしてくださいね。

クラリファイング ウォッシング フォームの成分や洗いあがりは?

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!に関する画像4

クラリファイング ウォッシング フォームは、適量を出しやすいチューブタイプ。
内容量は120gです。
ここからは、クラリファイング ウォッシング フォームの成分や洗いあがりをレポしていきますね!

キメの細かいふわふわな泡が完成

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!に関する画像7

クラリファイング ウォッシング フォームを実際に泡立ててみると、洗顔ネットを使わなくても簡単に泡立てることができました。
キメの細かい、ふわふわな泡が完成。
毛穴の汚れを落とし、ツッパリ感が少ないスッキリとした洗いあがりです。

天然由来成分*90%以上配合の洗顔フォーム

クラリファイング ウォッシング フォームは、天然由来成分*を90%以上も配合したうれしいアイテムなんです。
公式サイトによるとお肌だけでなく、環境や社会のことを配慮したサスティナブルなスキンケアを目指しているんだとか!
サスティナブル商品に興味のある方は必見のアイテムです。

* 水を含む

7つの無添加がこだわり◎

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!に関する画像12

クラリファイング ウォッシング フォームは、石油系界面活性剤、合成香料、アルコール、鉱物油、防腐剤、着色料、シリコーンがフリー。
成分にこだわりのある方の満足度も満たしてくれそうです。

クラリファイング ウォッシング フォームの使い方

do natural(ドゥーナチュラル)『クラリファイング ウォッシング フォーム』の使用感をレポ!に関する画像15

STEP1.適量(約2cm)を手にとり水またはぬるま湯でよく泡立て、やさしく洗います。
STEP2.その後、よく洗い流します。

朝晩どちらも使って約2ヶ月持つそうですよ!

do natural クラリファイング ウォッシング フォーム 120g の口コミ (1件)

4

Good Point

  • 洗浄力が高い(1)
  • 汚れが落ちやすい(1)
  • 毛穴汚れが落ちやすい(1)
  • 乾燥を感じない(1)

Bad Point

    あやの

    SKIN
    HAIR
    EYE
    乾燥/にきび 他
    日本化粧品検定2級

    乾燥肌の私でも、洗い上がりがつっぱらずに使うことができました!
    少量で泡立ってくれるので、コスパも良い気がします。
    手で泡立てるよりも、洗顔ネットで泡立てた方が濃密な泡が完成します。
    手で泡立てると、空気を含んだようなふわふわな泡ができます。

    参考になった(0)
    このページをシェアする
    Twitterで共有 Facebookで共有 LINEで共有