the SAEM チップ コンシーラー 1.5 ナチュラルベージュ 6.5g SPF28 PA++

バリエーション

ニキビ跡、赤みが気になる肌に。大定番のハイカバーコンシーラー

ニキビ跡、赤みが気になる肌に。大定番のハイカバーコンシーラーに関する画像1

ニキビや肌荒れ、肌の色ムラ…。肌のお悩みっていくつになっても尽きないですよね。
目立たないようにコンシーラーで隠していても、時間が経ったらヨレて隠れていなかったり、お直しがストレスに感じる方も多いのではないでしょうか?
そんな方達にぜひ使ってみていただきたい、言わずと知れた王道コンシーラーがあるんです!
今回はカバー力抜群、ヨレにくく厚塗り感が少ない使い心地で、編集部スタッフも何本もリピート購入している THE SEAM CPチップコンシーラーから標準色でどんな肌色にも合いやすく、肌の赤みやニキビのカバーにぴったりな1.5 ナチュラルベージュをご紹介致します。

ヨレにくくカバーしやすい速乾テクスチャー

ニキビ跡、赤みが気になる肌に。大定番のハイカバーコンシーラーに関する画像4

肌に乗せてすぐにトントンと馴染ませていくと、ピタッと密着するリキッドタイプ。
さらっと仕上がるので、次に使うファンデーションやチークなどもよれずに綺麗に仕上がりやすいんです。

厚塗りになりにくいアイテムですが、最初は少しずつカバーしていくイメージで塗りすぎないようにご注意ください。
カバー力が優れていて少量でもしっかり悩みをカバーしてくれるアイテムで、コスパがいいのも人気の秘密です。

植物成分配合。お肌に優しく悩みをカバー

THE SEAM CPチップコンシーラーには保湿成分としてアロエベラ葉エキス、アルニカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス等の植物成分がたっぷり。
お肌に優しく、乾燥しにくいアイテムなんです。
この保湿成分によって、メイク中小じわが気になりやすい目元も塗りやすく、乾燥しにくいんですね。

気になる紫外線もしっかりガード

ニキビ跡、赤みが気になる肌に。大定番のハイカバーコンシーラーに関する画像9

SPF28/PA++のUVカット機能付き。
コンシーラーってUVカット機能がないものも多いですよね。
編集部の中には薄づきに仕上げる為に、コンシーラーをファンデーションのように顔中央から広く塗り広げるスタッフも。
THE SEAM CPチップコンシーラーならUVカット機能のあるファンデーションを使用していなくても、しっかり紫外線から肌を保護してくれます。

ニキビ跡、赤みをカバーするなら標準色のナチュラルベージュ

ニキビ跡、赤みが気になる肌に。大定番のハイカバーコンシーラーに関する画像12

指に取ってみると甘く爽やかな香りが。
顔に馴染ませると分からない程度の微香です。

標準色で肌になじみやすいカラーのナチュラルベージュは、赤みやニキビ跡に使用するのがオススメ。
目立ちたくない箇所は、1トーン暗い色でカバーすると全体が均一に見えやすくなるので、色白肌さんも使用しやすいカラーです。
標準肌〜健康肌さんは目元にも使用して、悩みの感じない均一肌を目指しましょう。

使い方

STEP1.化粧下地を使用した後、パウダーファンデを使用される方はその前に、リキッドファンデを使用される方はその後に使用します。
STEP2.気になる部分にチップで適量を置くように塗ります。
この時、「少なすぎたかな?」と感じるくらいの少量を置くように心がけましょう。少しの量でしっかりカバーできるので、厚塗り防止になります。
STEP3.薬指またはスポンジを使って肌になじませます。
塗り広げるように横に伸ばすのではなく、トントンと優しく叩くようになじませるとより密着し、ヨレにくくなります。
STEP4.よりカバーしたい部分に、STEP2、3を繰り返します。

成分

水、酸化チタン、シクロペンタシロキサン、フェニルトリメチコン、タルク、BG、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、PVP、PEG-10ジメチコン、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、塩化Na、トリエトキシカプリリルシラン、水酸化Al、ジステアルジモニウムヘクトライト、ステアリン酸、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、ジメチコン、香料、カラミン、エクトイン、マンニトール、酵母エキス、エタノール、ツボクサ葉エキス、グリコーゲン、リン酸アスコルビルMg、アロエベラ葉エキス、アルニカ花エキス、ゲンチアナ根エキス、セイヨウノコギリソウエキス、オウシュウヨモギエキス、グリセリン、ソルビン酸K、クエン酸、安息香酸Na、酸化鉄

この商品を買った人はこんな商品を買っています

¥858(税込)

257pt還元