大人っぽい印象にしたいなら『ローズ系リップ』で決まり!

顔全体の印象のなかでリップは大きな役割を果たすパーツ。
乗せる色によってイメージがガラリと変わってきますよね。
ピンク系なら可愛らしい印象に、オレンジ系なら元気な印象に・・・などなど。

今回は大人っぽく知的な印象に見られたい時に使ってほしいローズ系リップをご紹介!

1. BOBBI BROWN リップカラー サンドウォッシュピンク

スティックで見たときは落ち着いた暗めのカラーかな?と思いますが、塗ってみるとピンクが綺麗に発色して明るめなマットなローズピンクに仕上がります。

肌に乗せるとこんな感じです。質感はマットタイプなので、しっかり唇を保湿してから塗るのがオススメです。
リップクリームで土台を作ってから唇にすべらせるととってもなめらか。
マット質感というだけでおしゃれ上級者っぽい雰囲気に仕上がるので女子会におすすめなローズピンクです。

商品を見に行く

2. セザンヌ カラーティントリップ CT1

とっても可愛い落ち着いたカラーのティントリップ。
こっくりとした色合いとテクスチャーがポイント。グロスのような形状でチップでとんとんと唇においたあと指で馴染ませるのがオススメです。

このようにリキッドルージュみたく透け感なく綺麗に発色。みずみずしいテクスチャーで、唇にぴったりフィットしてよれません。

秋冬に使いたくなるようなこっくりカラーですが、使い心地がみずみずしいのでオールシーズン楽しめます。しっかりメイクの際や知的な印象に見せたいときにとってもオススメ。
オフィスシーンや会食でも活躍しそうです。
少量でしっかり発色してくれるのでコストパフォーマンスもいいですね。

商品を見に行く

3. セザンヌ ラスティングリップカラーN 305番

パールが入った細かい煌めきがあるローズリップ。
ラメのカラーはゴールドなのでイエベさんに似合いそうです。

すこしプラムのようなレッドのような深みがあるローズカラーですがラメのおかげで軽さが出て使いやすいです。

発色はいいですが、少し乾燥しやすいのでこちらも保湿をしっかりしてから使用することをオススメします。
スティックタイプなので重ねて色を調整もしやすいですね。夜のデートなどにおすすめなローズリップです。

商品を見に行く

4. イヴサンローラン タトワールクチュール 16番

こちらはリキッドルージュタイプのローズリップ。
磨りガラスのような容器も素敵で塗るたびにテンション上がります。
少しれんが色を混ぜたようなローズ系でぴったり唇にフィット。スルスルのびて綺麗に見たまま発色します。

絶妙におしゃれなニュアンスカラーでどんな肌色の人にも使いやすいと思います。
水分量が多いテクスチャーでつけていてノンストレス、かつ持ちも良い。

幅広い年齢層に受けるような色合いで、これひとつで顔の印象がぐっと引き締まります。

商品を見に行く

5. ディオール アディクト リップティント351

マットな質感が楽しめるリップティント。パッケージもマットテイストで素敵ですよね。少しくすみピンクが入ったようなローズピンクなのですが、こういう色合いが好きな方も多いのではないでしょうか。

このリップティントはとにかく落ちないのが魅力!
わたしの周りでもこのシリーズを使っている女子がたくさんいるのですが、「これしか使えない!」と絶賛しなんどもリピートしている子も。

それほど落ちにくさに定評があるリップですが、クレンジングを含ませたコットンで拭き取っても・・・

お肌に色が残っています。結構強めに拭いたのですが・・・落としきれませんでした。
絶対リップメイクを落としたくない日のローズリップですね。(落とす際はティント専用のクレンジング剤をおすすめします。)

お化粧直しがあまり出来ない日やパーティーシーンなどで大活躍しそう!

商品を見に行く

編集部まい

編集部まい