透明感を引き出すベースメイクの組み合わせ


透明感がある肌は、どんなポイントメイクも映えますよね。

そのためにもベースメイクで透明感を作るのは大切!

今回紹介する組み合わせを使うと素肌がもともと綺麗・・・と思われるようなお肌になれます。

皮脂のテカリを抑えて透明感を引き立たせる夏のベースメイクの組み合わせをご紹介いたします。



透明感アップのブルーの化粧下地 セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー



まずはこちら。

セザンヌの皮脂テカリ防止下地のライトブルーです。

夏は「崩れにくいベースメイク」が第一条件な方も多いのではないでしょうか?


600円という破格で崩れない肌が手に入るなんて夢みたいじゃないですか?

しっかり保湿した肌にこちらを薄ーくTゾーンと鼻、小鼻、頬のテカリが気になる部分に塗っていきます。




テクスチャーはサラサラとしていて、日焼け止めみたいです。

油断するとドバっと出てしまうので注意。少量でもよく伸びます。

ブルー味もそんなに強すぎなく、淡いブルーなので使いやすいかなと思います。




伸ばすとお肌がトーンアップ!しかもSPF28 PA++なので日焼け止め効果もあるのがこの季節に嬉しいですね。

サラサラしていてベタつかないので次のベースメイクのステップにも響きません。

セザンヌの皮脂テカリ防止下地見に行く


ファンデ前にツヤを仕込む! M.A.C  ストロボクリーム ピーチピンク




セザンヌのライトブルーの下地で肌全体の赤みなどを整えて均一にした後に、ツヤがほしい部分にこちらのMACのストロボクリームを仕込みます。

主に

・Cゾーン

・頬の高い位置

・顎先

にちょんちょんとつけて伸ばしていきます。



こちらはゆるっとした柔らかなテクスチャーです。

美容液並みに伸びがいいのでこちらも一回に使う量は少量でOK!!

たっぷり入っているのでコストパフォーマンスも良しです。

ツヤや立体感がほしい箇所につけていき、指で塗った後にスポンジでなじませるとより自然な仕上がりになります。



手の甲に塗るとパッと明るくなりました。


透明感のある肌はファンデーション前の下地の作り込みがとにかく大事!

最後に乗せるファンデーションはなるべく薄く薄く。

それまでの下地は何種か駆使して綺麗な美肌を目指します。


ちなみにnoinでは、こちらのM.A.Cのストロボクリームと大人気コンシーラーのイヴサンローランのラディアントタッチのセット販売をしておりお得になっていますよ。




こちらのイヴサンローランのコンシーラーは、言わずと知れた名品!

ニキビ跡やシミ、くすみが気になる箇所にプラスして重ねてもOKです。


M.A.Cのストロボクリームを見に行く

M.A.Cとイヴサンローランのセット販売を見に行く



薄膜リキッドファンデーション イブサンローラン タン アンクル ド ポー



ファンデーションはこちらを使用。


このファンデーション、初めて使ったときは感動しました!!

出逢いはサンプル利用だったのですが、サンプル1回利用でも「なんだこりゃ」と衝撃を受けてすぐ買いに走ったのを覚えています。


なんて言うのでしょう・・・

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの間みたいな使い心地なんです。

テクスチャーはサラサラしていて伸びもすごくよく、肌にピタッと密着。

肌に乗せたときにその使い心地の軽さに驚きます。

羽のような軽やかな使い心地は、いままでいろーーーんなリキッドファンデーションを使ってきましたが、正直このような使い心地のものはこちら以外知りません。


とにかく軽くって、指でうすーくお肌全体に塗って、最後にスポンジでトントンして馴染ませます。本当にファンデーションつけてるっけ?と思うくらいの付け心地でストレスフリー。それでいてセミマットな質感も手に入るので最高です。


セザンヌの皮脂テカリ防止下地のブルーで土台の透明感を作り、部分用ハイライトとしてMACのストロボクリームで立体感を出し、最後に薄膜を張るイメージでサンローランのタンアンクルドポーでお肌を整えます。

決して濃くはなく、でもしっかりカバーはして、かつ透明感たっぷりのお肌になれるのです・・・!

個人的にハイライトはファンデーションの前に仕込んだ方がナチュラルで、肌の内側からじんわり発光しているような仕上がりになるのでオススメです。

しかもこちらのイヴサンローランのファンデーションは薄づきでいながらしっかり肌を綺麗に見せてくれ、薄膜のような効果があるのでハイライトがいい具合に透けるのです。


そして、

夕方顔がお疲れになってきて、でもここぞという時に透明感をアップさせることのできる救世主。

持ち運びのお直し用にピッタリなものはこちら。



お直し用に!部分用コンシーラー Dior フィックトイットカラー ブルー



ディオールのフィックスイットカラーのブルーです。


こちらはコンシーラーなのですがコントロールカラーになっており中心部分がプライマーなので肌によく馴染み崩れも気にならない優秀な一本。

ティッシュや脂取り紙などで余分な皮脂を抑えてから目周りなど顔の疲れが出やすいような箇所に付けて指でトントン馴染ませます。

上からご自身の持っているフェイスパウダーをふわっと重ねるとベースメイクのお直し完了です。


Diorのフィックスイットカラーを見に行く


公開日:2019/8/1
編集部まい

編集部まい