ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイク

編集部のだ

編集部のだ

コスメもお洋服も秋物が大好きです♡いつもMAQUIAを参考にスキンケア、メイク共に勉強しています。美容系YouTuberのゆうこすさんも参考にしています。肌悩みはクマ、くすみで、それをカバーするメイクが得意です♡NARS、DAZZSHOP、espoir、moremoが大好き!

更新日時: 配信日時:
ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像
目次
  1. 使用したアイテム:Makeup Revolution / アイラブチョコレートヴァイス
    1. 長井かおり流! アイシャドウパレットの使い切り術
      1. STEP1: 薄いマットブラウンでアイゾーンの彫りを深くする
      2. STEP2: STEP1で使用したカラーを使ってシェーディングをする
      3. STEP3: パール入りの明るいブラウンでハイライトで立体感を出す
      4. STEP4: 強く発光している色をアイシャドウとして塗っていく
      5. STEP5: グレーをアイライナーとして使う
      6. STEP6: 濃いマットブラウンをアイブロウとして使う
      7. STEP7: マット白をチークの下地として使う
      8. STEP8: ピンクをチークとして使う

    「アイシャドウパレットって何色も入っていて便利なんだけど...結局1、2箇所しか使わない...」「どうしても捨て色が出ちゃう...」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは?



    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    今回も、そんな私たちを救ってくれるのは、大人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん!!なんと、このパレットのカラー、ぜーーーんぶ無くなるようにします!!とおっしゃっていただきました!

    パレットに入った楽しいカラーたちを顔中の色んな所にちりばめるような大胆なメイクを伝授していただきました。

    使用したアイテム:Makeup Revolution / アイラブチョコレートヴァイス

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    長井かおり流! アイシャドウパレットの使い切り術

    長井さんに実際にレクチャーしていただきながらアイシャドウパレットを使っていきます!!

    STEP1: 薄いマットブラウンでアイゾーンの彫りを深くする

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    アイシャドウチップを使用して軽くアイホールに色をのせます。彫りを作っておくと後で明るい色のアイシャドウをのせた時に目が小さく見えるのを防ぐ効果があります。

    STEP2: STEP1で使用したカラーを使ってシェーディングをする

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    頬骨に沿って切るようにブラシを下ろします。
    そのラインとフェイスラインで囲まれた範囲を塗りつぶします。

    この時の合言葉は「カックンサササ」です!

    くわしくは以前の「​長井かおり流! 簡単に小顔になれちゃうシェーディング術」をチェック!

    STEP3: パール入りの明るいブラウンでハイライトで立体感を出す

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    頬骨の高いところに指で置くような感じで色をのせます。
    長井さんのオススメの「逆C」をイメージしてつけると立体感がより強く出ます。
    最近はしっかりめのハイライトが流行っています。
    皆さんも「逆C」で流行に乗っちゃいましょう♪
    鼻筋、唇の上にもつけてさらに立体的に仕上げます。

    STEP4: 強く発光している色をアイシャドウとして塗っていく

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    今回選んだのはオレンジカラー!STEP1で作った彫りを崩さないようにオレンジをまぶたに置くようにつけます。明るいオレンジをのせると目が小さく見えてしまわないか心配になりますが、彫りがあるので平気なんです!安心して明るいアイシャドウを楽しめますよね♪

    さらに、アイシャドウチップを使って目頭を避けながら目尻から1/3~2/3くらいに色をのせます。目の下に色をつけることで、印象深い目元を演出!

    STEP5: グレーをアイライナーとして使う

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    アイシャドウチップの側面を使って目尻をメインに細く色をのせます。
    目の下にも少しつけると、ナチュラルさを保ちながら目力がアップします!
    リキットアイライナーよりもアイシャドウでラインを描く方が、ぬけ感があって今っぽい♪

    STEP6: 濃いマットブラウンをアイブロウとして使う

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    2色の濃いマットブラウンをミックスしてお好みのカラーを作ります。
    次に、作ったカラーをアイシャドウチップの全体につけ、押すようにしながら色をのせていきます。こうすることで安定感が出て眉を描きやすくできます。

    チップに余った色を指に取り、眉頭から鼻の付け根をなぞると、スッと通った鼻筋を作ることもできるんです♪

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    STEP7: マット白をチークの下地として使う

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    チークをのせる範囲より少し広めにのせていきます。肌の赤みを消し色ムラを整え、チークのノリをグンッと良くしてくれるんです。こういう小さな工夫も大事ですよね!

    STEP8: ピンクをチークとして使う

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    2色のピンクを混ぜてお好みの色を作ります。
    この2色は光沢が控えめで肌にのせると馴染みが良いんです。作った色を頬の盛り上がっている部分をさするように優しくのせていきます。リップクリームで湿らせた唇にのせてパウダーリップとして使ってもツヤ感が出て可愛いんです♪

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    普段メイクに最適な「しっかり立体感があるナチュラルルック」が完成しました ~♪

    ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさん直伝!パレットで全顔メイクの画像

    このメイクがパレット1つでできるなんてビックリですよね!!

    この投稿をInstagramで見る

    大人気メイクアップアーティスト 長井かおりさんが、 アイシャドウパレットでつくる全顔メイクを伝授✨✨ ゲスト:ヘアメイクアップアーティスト 長井かおりさん @kaorimake 一部パレットをパレッドと表記してしまった箇所がございました。大変申し訳ありませんでした。 #コスメ #コスメ好きさんと繋がりたい #韓国コスメ #コスメ好き #プチプラコスメ #コスメ購入品 #コスメマニア #コスメ好きな人と繋がりたい #コスメ紹介 #コスメレポ #コスメレビュー #コスメオタク #コスメ大好き #おすすめコスメ #今日のコスメ #メイク #メイク好きな人と繋がりたい #今日のメイク #メイクアップ #ヘアメイク #アイメイク #リップ #ティントリップ #アイシャドウ #プチプラコーデ #ファッション #ファッションコーデ #ファッション好きな人と繋がりたい#時短メイク#シェーディング

    【NOIN.tv】さん(@noin.tv)がシェアした投稿 -

    しかもこれで捨て色の悩みも解決できちゃいます!!
    NOINのインスタグラムでは、動画でご紹介中!!
    皆さんもぜひお試しくださいね♪