リキッドファンデーションのおすすめは?どう使う?下地から塗り方まで徹底レクチャー!

隙のない美しい肌に見せてくれるメイクに欠かせないリキッドファンデーション。
今回はオススメのリキッドファンデーションと、相性のいい下地や塗り方までご紹介いたします。

リキッドファンデーションってどう良いの?

リキッドファンデーションとは液体状になっているタイプのファンデーションです。
テクスチャーはサラリとした物からこってりした物まで幅広く、特徴としてはお肌にピッタリと密着して肌そのものが綺麗になったかのような感覚と、長時間綺麗な肌を保つことが出来ます。カバー力も高くお肌のアラを隠してくれる効果も期待できますよ。
一方、比較されやすいパウダーファンデーションはパウダー状のファンデーションです。
汗や皮脂に強いため、皮脂の分泌の多い人やマットな仕上がりにしたい人向けです。お直しなどもしやすいところが便利です。

リキッドファンデーションのおすすめポイント:乾燥に強い!

良いところはたくさんありますが、まず乾燥に強く乾燥肌さんも選びやすいファンデーションがリキッドファンデーションと言えます。油分を多く含むのでしっとりもっちりとした仕上がりを好む方にもオススメです。
特にこれからの寒い季節、パウダリーは乾燥してしまうという方はぜひリキッドファンデーションを取り入れてみてくださいね。

リキッドファンデーションのおすすめポイント:圧倒的なカバー力!

ファンデーション選びにカバー力を重視している方も多いのではないでしょうか。リキッドファンデーションはカバー力が非常に高く、肌にしっかりと浸透し密着してくれるのでくすみや色ムラなどの自然にお肌のアラを隠してくれる効果があります。コンシーラーを併用しなくてもリキッドファンデだけで充分!という声も多く見受けられます。

リキッドファンデーションのおすすめポイント:密着度が高く崩れにくい!

お肌にピタリと密着する感覚はリキッドファンデーションならではの特権。もたつかずにピッタリと密着するので、持ちがよく崩れにくく長時間美しい肌をキープすることが可能なのです。目の周りや口周りなどの皮膚の薄い部分にもしっかりと密着してくれるのでどこを取っても隙のない肌になることができますよ。

まずはコレ!絶対おさえておきたいおすすめリキッドファンデーション

リキッドファンデーションのメリットは理解したけど、
なにを選んだらいいのかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。今回はNOINが特にオススメしたいリキッドファンデーションをご紹介いたします。
今回ご紹介する商品はこちらです!

・ディオール スキン フォーエヴァーフルイド グロウ
・M ・A・C(MAC) ライトフルC+ ナチュラリー フローレス SPF35
・ローラ メルシエ フローレス ルミエール ラディアンスパーフェクティングファンデーション
・ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド
・エスティ ローダー ダブルウェア ステイ イン プレイス メークアップ
・RMK クリーミィファンデーションEX
・NARS ナチュラルラディアントロングウェアファンデーション
・BOBBI BROWN インテンシブ スキン セラム ファンデーション
・shu uemura アンリミテッド ラスティング フルイド
・アルビオン スキングレイジング ファンデーション
・KATE(ケイト)シークレットスキン メイカーゼロ
・MAYBELLINE NEW YORK フィットミーリキッドファンデーション
・EXCEL スキンティントセラム

デパコスでおすすめのリキッドファンデーション

ファンデーションは肌に触れるものだからデパコスがいい!という方もいるのでは。実際にデパコスは美容成分・トリートメント効果が高いものが増えてきています。また、百貨店やコスメ専門店などで自分の肌で試すことが良い点ですよね。そんなデパコスからおすすめのリキッドファンデーションをご紹介いたします。

ディオールスキン フォーエヴァーフルイド グロウ

ほどよいツヤ肌に仕上げたい方におすすめしたいこちらのファンデーション。ツヤツヤ!というわかりやすい仕上がりというよりは上品な艶を引き出してくれますよ。
サラリとしたテクスチャーで薄く肌に伸ばすと薄膜を張ったかのようにピターッと密着。薄づきでいながらも、カバー力もあり伸びもいいので少量でしっかり伸びます。内側から発光するような自然なツヤ感が魅力のファンデーションです。

商品を見に行く

M・A・C ライトフル C+ ナチュラリー フローレス SPF 35

こちらはしっかりカバーするというより光の効果で肌を綺麗に見せてくれるリキッドファンデーションです。なめらかなテクスチャーになっており、お肌にするすると伸びてしっかりと馴染みます。仕上がりは素肌のようで、もともとの肌が綺麗になったのではないかと思うほど。
SPF35でUVカット効果もあるところも嬉しいですよね。

商品を見に行く

ローラ メルシエ フローレス ルミエール ラディアンスパーフェクティング ファンデーション

決して厚塗り感がなく、塗り心地もつけている感覚もとっても軽いこちらのファンデーションは、重ためなこっくりテクスチャーが苦手な方にもおすすめしたいアイテム。なめらかでつるんとした肌に仕上げてくれ、クリアパールが配合されていることにより肌表面に艶が出て美しい肌へと導きます。みずみずしい使用感は、乾燥肌さんも抵抗なく使用することができますよ。

商品を見に行く

ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド

しっかりとしたカバー力を求めるならランコムのタンイドル ウルトラ ウェア リキッドがおすすめ。
コンシーラーを使ったかのようなカバー力で肌の色ムラやくすみを払拭してくれます。テカリ防止成分が配合されていることにより、長時間経っても肌がサラサラ。
テカリにくいのでお直しも頻繁にしなくて良いのでとっても便利。セミマットな仕上がりで隙のない肌を作ることができます。

商品を見に行く

エスティ ローダー ダブルウェア ステイ イン プレイス メークアップ

リキッドファンデーションと言えばこちらを連想する方も多いのでは。それほど有名でリキッドファンデーションの名品と呼ばれるこちらのファンデーション。
抜群のカバー力で、しっかりとお肌の悩みを隠してくれるのが最大の魅力!なめらかに肌に伸び、密着し、仕上がりはセミマット肌。すりガラスのようなふわりとした美しい肌に仕上げてくれますよ。塗りたての肌が長時間キープできるところも指示されている理由です。

商品を見に行く

RMK クリーミィファンデーションEX

なめらかなクリームのようなテクスチャーで、まるでスキンケアをしているかのような使い心地が魅力のRMK クリーミィファンデーションEX。5種の美肌オイルが配合されていることにより、乾燥を防いでもっちり潤った肌へ仕上げます。薄づきで肌にフィットし、ナチュラルな肌がお好きな方にオススメです。これから乾燥が気になる季節に使いたいリキッドファンデーションです。

商品を見に行く

NARS ナチュラルラディアントロングウェアファンデーション

マットな仕上がりの肌がお好きな方におすすめなリキッドファンデーション。サラサラとした使い心地で肌にフィット!マット仕上げのものは乾燥する印象がありますが、こちらはラズベリーエキスやスイカエキスが配合されていることにより潤ってハリのある仕上がりへ導きます。塗っていくそばからしっかり密着し乾いていくので、手早く塗るのが上手にムラなく塗る秘訣です。

商品を見に行く

BOBBI BROWN インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF40(PA++++)

ツヤ肌とカバー力が同時に叶うリキッドファンデーション。美容液みたいな容器になっており、スポイドで適量を取り出すタイプです。サラサラとした液体のテクスチャーはスキンケア成分が配合されています。SPF40 PA++++で高数値なUVカット効果も素晴らしくファンが多いのも納得できます。スキンケア成分のおかげでしっとりと潤い、上質なツヤ肌になれます。

商品を見に行く

shu uemura アンリミテッド ラスティング フルイド

発売から美容家や美容雑誌、SNSでもとても話題なリキッドファンデーション。こちらの商品の魅力の1つは、カラーバリエーションが24色もありとても豊富なところ!リキッドファンデーションでナチュラルな肌に仕上げたいときこそ、自分に合う色を選ぶ必要があるので全24色もあればご自身にぴったりの色がきっと見つかるはず。素肌感をしっかり残しつつも美しい仕上がりは、自分の肌がそのまま綺麗になったかのような仕上がり。
薄づきで厚塗り感がないのにきちんと綺麗な肌に仕上がるのは嬉しいですよね。夕方になって崩れてきたとしても崩れ方まで綺麗!と評判なファンデーションです。

商品を見に行く

アルビオン スキングレイジング ファンデーション

まるでバターとハチミツが溶け合ったかのような濃密感と言われているだけあり、そのこっくりとした使い心地は乾燥する季節に非常にオススメしたいリキッドファンデーションです。極度の乾燥肌さんでリキッドファンデーションを塗っても粉が吹いてしまう......カサカサする......という悩みがある方に使って頂きたい商品。
ナイトクリームかのような使用感でお肌にもちもちと弾力が生まれますよ。

商品を見に行く

プチプラでおすすめのリキッドファンデーション

プチプラのファンデーションも負けていません。
この価格でこんなにお肌がキレイに仕上がるの!?と疑ってしまうくらいクオリティが高いものが増えてきています。毎日使うものだから安くていいものが欲しい!という方に、おすすめのプチプラのファンデーションをご紹介いたします。

KATE(ケイト)シークレットスキン メイカーゼロ(リキッド)

顔に塗布した途端にサラリとパウダー状になる感覚のこちらのリキッドファンデーション。とっても伸びがよく少量でしっかり伸びて密着するのでコストパフォーマンスもよく、肌の気になる赤みやくすみなどもカバーしてくれます。サラサラとした使い心地と仕上がりで、夏場やオイリー肌さんに特にオススメしたい商品です。

商品を見に行く

MAYBELLINE NEW YORK フィットミーリキッドファンデーション

14色の色展開で自分に合う色を見つけやすいこちらのファンデーション。仕上げのフェイスパウダーいらずのマットな仕上がりは、マット肌好きさんにオススメです。薄づきで肌へのフィット感も高く毛穴や色ムラも隠してくれる優秀さ。少し乾燥してしまうという声もあるのでこちらを使う際は事前のスキンケアや化粧下地でしっかり潤いチャージを。

商品を見に行く

EXCEL スキンティント セラム

美容液成分が81%も入っていることでスキンケア感覚でつけることのできるリキッドファンデーション。肌荒れが気になる際やお肌が弱くてリキッドファンデーションは控えている方にもおすすめしたいのがこちら。テクスチャーはしっとりとしたジェルクリームで塗り心地はやわらかくしっとりし、ハリがあるもっちり肌に仕上げます。保湿効果もあるので乾燥する季節にも最適で、お肌への負担を軽くしたい方の普段メイクにもおすすめです。

商品を見に行く

リキッドファンデーションの下地ってどうする?

リキッドファンデーションを塗る際に同じくらい重要になってくる化粧下地。化粧下地はご自身の肌タイプや、仕上げたいイメージによって選ぶと良いでしょう。
色がつかない保湿効果のみのものもありますし、下地の段階で色補正してくれるものもあり、UVカット効果などがあったり......さまざまな種類のものが販売しています。
例えば使用するリキッドファンデーションにUVカット効果がない場合は下地で補う事も可能。
お好きな使用感のリキッドファンデーションにないものを足す感覚で選ぶとチョイスしやすいですね。
以下でNOINが特におすすめしたい化粧下地をご紹介いたします!

ローラメルシエ ハイドレーティング

天然由来成分とビタミンを配合していることにより乾燥からお肌を守ってくれる化粧下地。こちらはしっかりと保湿をし、上から塗るリキッドファンデーションをより綺麗に付けることを目的としておりトーンアップ効果やカバー力はありません。ファンデーション前に仕込むことによりお肌がもちもちと潤い保湿されるので乾燥を防ぐ事が可能です。

商品を見に行く

ポール&ジョー ボーテ モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S

化粧下地と言えばポール&ジョー ボーテと言われるほどの名品。うるおい効果のある美容成分を配合し、弾力のある保湿された肌へ導きます。肌全体に塗布すると、すみずみまでお肌の潤いを満タンにしてくれるような感覚。うっすらとベージュカラーの色味がついているのでお肌の色を均一に見せてくれる効果もあり上から乗せるファンデーションのノリを良くしてくれます。

商品を見に行く

エレガンス パンプリフティング ベース R

こちらはお肌をきゅっと引き締めてくれる効果がある珍しい化粧下地。SPF25 PA++のUVカット効果もあるのが嬉しいですね。テクスチャーはサラサラとしており、ペールピンクのような色味です。しっかりと色ムラを払拭し色補正までしてくれ、キュッとキメの整った肌に仕上げてくれます。お肌を明るくトーンアップし生き生きとして見せてくれカバー力もあるので次に使用するリキッドファンデーションも薄づきなものと高相性。

商品を見に行く

リキッドファンデーションってどう塗るの?スポンジ?ブラシ?

リキッドファンデーションみなさんはどう塗ってますか?
手で伸ばし指で塗る派、スポンジ派、ブラシ派さまざまだと思います。
どのツールでももちろんメリットがあるのでご自身のお好きなツールを使用しましょう。
手で仕上げる場合は、ツールがいらなくいつでもどこでもメイクができるというのも利点になり、ご自身の手を使うことにより肌の調子を感じながら塗布することができるので塗る量を調整しやすいですね。
手の体温としっかり馴染むのでナチュラルな仕上がりにすることができます。スポンジで塗る場合は、手が汚れず均一に簡単に伸ばすことができるのが利点になり、リキッドファンデーションを薄く塗布したい方はスポンジ塗りがオススメです。トントンと馴染ませて余分な油分はスポンジが吸収してくれるので、崩れにくい肌に仕上げることができます。そして最後にブラシで塗る場合は、少し難しいイメージがありますよね。
ブラシ本体のお手入れやテクニックなど高度な印象がありますが、仕上がりとしてはナチュラルな美しいツヤ肌に仕上げることが可能なんです。目周りや小鼻など細かい部分もカバーでき、素肌に近いような美肌になりますよ。

まとめ

今回はリキッドファンデーションのおすすめ、そしてNOINがおすすめしたいアイテムたちをご紹介させていただきました。
これから寒くなってきて乾燥が気になる季節でもあるので、上手にリキッドファンデーションを
取り入れて乾燥と無縁なベースメイクをぜひ手に入れてみてくださいね。

更新日:
編集部まい

編集部まい