くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!

編集部のだ

編集部のだ

コスメもお洋服も秋物が大好きです♡いつもMAQUIAを参考にスキンケア、メイク共に勉強しています。美容系YouTuberのゆうこすさんも参考にしています。肌悩みはクマ、くすみで、それをカバーするメイクが得意です♡NARS、DAZZSHOP、espoir、moremoが大好き!

更新日時: 配信日時:
くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像
目次
  1. あなたは大丈夫?くすみ肌の症状ってこんな肌!
    1. 肌がくすむ原因ってなに?
    2. そんなくすみ肌を解決しよう!
  2. くすみ肌にオススメなスキンケア方法
    1. THREE エミングローション
    2. THREE エミングエマルジョン
  3. くすみ肌にオススメなベースメイク方法
    1. メイクヒール ブライトビームトーニングクリーム
    2. M.A.C ストロボクリーム ピンクライト
    3. RMK クリーミィファンデーションEX
    4. コスメデコルテ フェイスパウダー グロウピンク
  4. まとめ

    くすんでいるお肌は透明感の大敵!乾燥や汚れの蓄積や様々な原因からなるお肌のくすみ。なんだか最近、顔色がパッとしない、メイクノリが悪い、という時は肌がくすんでいるサインかも?今回はNOINがオススメするくすみ肌を払拭し透明感をアップさせるスキンケアとベースメイクについてご紹介いたします。

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    あなたは大丈夫?くすみ肌の症状ってこんな肌!

    一言で「くすみ肌」と言ってもどんな状態なのかパッとしない方も多いのではないでしょうか。くすんでいる肌というのは、わかりやすく言うと実際の肌のトーンより暗くどんよりとした印象に見えてしまうということです。首と比べて顔のトーンが暗かったり、普段使っていたファンデーションのカラーがしっくり来なくなった時、周りから「疲れている?」と聞かれる事が増えた、などがくすみ肌になっているサインかもしれません。

    肌がくすむ原因ってなに?

    肌がくすむ原因は様々と言われていますが、大きく分けるならば、紫外線によるくすみ・血行不良によるくすみ・乾燥によるくすみ・古い角質や汚れが蓄積されることによるくすみの4パターンあると考えられます。

    夏場に紫外線をたっぷり浴びてしまったことによりメラニンが生成されて、肌に残ってしまうことで引き起こすのが紫外線くすみ。リンパの流れが詰まることにより顔がむくんだり老廃物が滞ってしまうことで引き起こされてしまうのが血行不良によるくすみ。保湿ケアが充分ではなく肌が乾燥していることにより細かいシワができ、キメが乱れることにより肌が暗く見えてしまうことによる乾燥くすみ。そして、日々のメイク汚れや古い角質がクレンジングや洗顔で落としきれず積み重なり、汚れが蓄積されることによる汚れくすみがあります。

    そんなくすみ肌を解決しよう!

    様々な要素から起こってしまう肌のくすみを解決して美肌を目指しましょう!今回はクリアなお肌に導くオススメなスキンケアから、ベースメイクで透明感のある肌を作ることのできるメイクアップアイテムをご紹介します。

    くすみ肌にオススメなスキンケア方法

    まずは、くすみの要因のひとつとなる「ターンオーバーの乱れ」を正しく戻すことが第一です。お肌のターンオーバーが乱れると老廃物や古い角質が溜まって排出されにくくなるだけではなく、乾燥の原因にもなり、お肌がどんより暗い印象に。

    しっかりと日頃から保湿ケアをおこない、潤いがしっかり肌の奥まで行き渡るように入念にケアしていきましょう。あれこれお肌に塗り込むことよりもシンプルなスキンケアを丁寧に行うことがなによりも大切です。化粧水と乳液の2ステップでシンプルケアを取り入れてみましょう!

    THREE エミングローション

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    こちらは天然由来成分96%で出来ている安心して使用できるTHREEのエミングローション。肌の健やかさを呼び覚ますというコンセプトのこちらの化粧水は、くすみケアにも最適です。スッキリとした柑橘系の香りに癒されながら、3プッシュをコットンに取り肌に優しくパッティングしていきます。化粧水は手ではなくコットンで肌に入れ込むのがくすみ肌ケアにはオススメ。手だと化粧水の成分が手のひらに浸透してしまうので、コットンだと無駄なく顔の肌に浸透させることができますよ。優しくおでこ・頬・鼻・顎とパッティングし、肌の奥まで化粧水を染み渡らせるような感覚で。ほどよいしっとり感とさっぱり感のバランスで、お肌がぷるっと潤います。
    ※こちらの商品は、妊娠中の方は使用をお控えください。

    THREE エミングエマルジョン

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    こちらはさっぱりとした使い心地の乳液、THREEのエミングエマルジョン。こっくりとした乳液が苦手な方も使っていただきやすいテクスチャーで、肌に馴染ませるとスッと浸透していく感覚を味わうことができます。
    こちらも手ではなくコットン使用がオススメ。乳液を馴染ませたコットンを、優しくなでるように肌にすべらせて使用すると使用後は肌がふっくら!内側からふわふわとした質感は肌が元気になったかのようです。
    ※こちらの商品は、妊娠中の方は使用をお控えください。

    くすみ肌にオススメなベースメイク方法

    くすみ肌を元からケアするスキンケアも大事ですが、メイクではどう隠せばいいの?と思う方も多いのではないでしょうか。

    くすんだお肌を生き生きとした透明感がある肌に見せるベースメイクは、化粧下地からしっかり丁寧に作り上げながらも厚塗りにならないように気をつけて。コンシーラーなどで隠そう隠そうとしてしまうと余計に悪目立ちしてしまう場合もありますよ。

    そして、ピンクカラーの化粧下地やフェイスパウダーなど「血色感」をプラスできる淡いピンクトーンのカラーのベースメイク商品もとてもオススメです。ナチュラルな血色感を引き出し、女性らしい柔らかな印象の肌へ仕上げましょう!

    メイクヒール ブライトビームトーニングクリーム

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    こちらはまるでスキンケアをしている感覚で使用できると話題のメイクヒールの化粧下地。使うと使わないのでは全然違う!と言われているだけあり、ひと塗りで顔全体が明るくトーンアップし透明感を引き上げてくれるんです。やわらかめのテクスチャーで肌に伸ばしやすく、くすみが気になる箇所を重点的に肌に薄く塗布すれば、その後のファンデーションの密着度もアップ!肌がプリプリっと元気になったかのようにツヤが出て輝きます。目の下の三角ゾーンと呼ばれる箇所に仕込むとくすみ肌がなかったことに!?

    M.A.C ストロボクリーム ピンクライト

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    くすみを消すならこの化粧下地が絶対!という口コミも多数のM.A.Cのストロボクリームは大人気商品。様々な美容雑誌やSNSでも見かける頻度も多いこちらのアイテムは、やわらかめのテクスチャーで、少量でもしっかり肌に伸び、馴染んでくれますよ。肌の内側からツヤ感が溢れるようなジューシーな肌に仕上がると話題なだけあり、ナチュラルなツヤと明るいピンクカラーで血色が良く見えてくすみを払拭。ピンクの化粧下地は肌色を均一に明るく見せてくれます。塗布した後も、もちもちと潤った肌に仕上がるためファンデーションのノリも良くしてくれる効果も。

    RMK クリーミィファンデーションEX

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    くすみの原因のひとつ、乾燥が気にならなくなるというRMKのクリーミィファンデーションEXは、その名の通りクリーミーでしっとりとした使い心地で、まるでスキンケアクリームのような感覚で塗ることのできるファンデーションです。軽いつけ心地でいながら、しっかりカバー力はあるのでお肌の気になる悩みもカバー。それなのに厚塗り感はなく素肌もともとが綺麗になったかのような美しいハリのある仕上がり。ファンデーションは時間が経つと乾燥してしまうという方にもオススメしたい、もっちり潤う上質肌に導くアイテムです。

    コスメデコルテ フェイスパウダー グロウピンク

    くすみ肌を払拭して、内側から透明感溢れる肌になろう!の画像

    くすみを飛ばすには、やっぱりピンクカラーが強い味方です。こちらのコスメデコルテのフェイスパウダーは数種類カラーラインアップがありますが、一番人気はダントツでこちらのグロウピンク。ツヤ感のある淡い儚げピンクと、微粒子パールの輝きで気になるくすみを飛ばしてくれますよ。
    ピンクカラーを上手に使うことで、ほどよい血色感が出てしょんぼりくすみ肌がジューシーな桃肌に。お粉自体もとっても細かく肌にピタリと密着し、ふわふわすべすべなマシュマロ肌になります。付属のパフもふかふかでとっても気持ち良いのも魅力です。

    まとめ

    日々のスキンケアで素肌のくすみをケアしていくのも大切ですが、
    今起きているくすみを上手に隠すメイクアップも同じくらい大切ですよね。しょんぼり元気がないようなくすんだお肌には血色感をプラスするのがとても大切!しっかりケアもしながら、元気な美肌を目指しましょう。