涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介

編集部みさき

編集部みさき

美容雑誌、upPLUSをよく読んでいます。美容系YouTuberのかわにしみきさんや佐々木あさひさんをチェックし、最新のコスメ情報を取り入れています!とにかくコスメが大好きで、色々なアイテムを試してきました。好きな化粧品ブランドは、SUQQUとセザンヌ、エクセルです!

更新日時: 配信日時:
涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像
目次
  1. 愛され顔になるには涙袋メイクがおすすめ
    1. 涙袋メイクで目が大きく見える
    2. 涙袋メイクで色っぽく癒し系女子になれる
    3. 涙袋メイクで立体的な顔の印象を作れる
  2. 涙袋メイクのやり方
    1. アイライナーで涙袋の線を作る
    2. 綿棒でぼかす
    3. ハイライトやラメでうるっとした目元に
  3. 涙袋用テープで涙袋を作るメイク方法
    1. 涙袋テープの使い方
    2. おすすめの涙袋テープ
  4. 涙袋メイクでの影を作るおすすめコスメ
    1. セザンヌ 描くふたえアイライナー
    2. ケイト ダブルラインエキスパート
    3. ヴィセ アイブロウ ペンシル&パウダー BR32
    4. ケイト アイブロウペンシルA BR-3
  5. 涙袋メイクでうるっと感を出すおすすめコスメ
    1. ウィッチズポーチ ウィッチズ フィット スティックシャドウ 05 ゴールド
    2. リンメル プリズムクリームアイカラー 002 ミルキーピンク
    3. エチュードハウス ティアーアイライナー
  6. 涙袋メイクでの注意ポイント
    1. クマはしっかり消す
    2. 幅を広く作りすぎない
    3. 乾燥には要注意
  7. まとめ

    メイクの中でも忘れられがちな涙袋。ですが、愛され顔になるにはとっても大切なパーツなんです! そこで今回は、涙袋の作り方と涙袋メイクに使えるおすすめのコスメをご紹介していきます。

    愛され顔になるには涙袋メイクがおすすめ

    うるっとした目を演出してくれる涙袋。目元を優しい印象にしてくれるだけでなく、目元をさらにぱっちり見せてくれます。くりっとした目に仕上がるので、愛され顔になりたい方は涙袋メイクをマスターしておきましょう!

    涙袋メイクで目が大きく見える

    涙袋メイクをすることの一番の利点は、やはり目が大きく見えるようになること。目の下に影ができ、丸く見えるようになることで大きく見えるのです。

    涙袋メイクで色っぽく癒し系女子になれる

    目が丸く見えることで癒し系女子に近づきます。さらに、目をうるっとさせることで色気を演出できるんです。涙袋を描くだけで色っぽい癒し系女子に近付けるなんて、もう描くしかないですよね!

    涙袋メイクで立体的な顔の印象を作れる

    涙袋を描くことで、顔の印象が立体的になります。彫りが深く見え、印象的なお顔に仕上がるんです。また目が大きくなって目の下の面積が狭くなることで小顔効果も効果大! すごいです、涙袋。

    涙袋メイクのやり方

    涙袋メイクが流行してからしばらく経ちますが、今っぽい涙袋メイクのやり方をご存じですか? というわけで、ここで涙袋メイクについておさらいしちゃいましょう!

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    アイライナーで涙袋の線を作る

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    薄めの色のアイライナーで、涙袋の影を描きます。これを描くことで目の下がぷくっとして見えます。

    綿棒でぼかす

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    先ほど描いた涙袋の影を綿棒でぼかしていきます。これをすることでよりナチュラルに涙袋を強調することができます。

    ハイライトやラメでうるっとした目元に

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    黒目の下のぷくっとしている部分にハイライトやラメを乗せます。そうすると目元がうるっとした印象になるので涙袋メイクの完成です!

    涙袋用テープで涙袋を作るメイク方法

    アイシャドウなどで作るのに慣れてきたら、今度は実際にぷっくりさせてみては? 涙袋用テープを目の下に貼れば、実際にぷっくり感を出すことができます。

    涙袋テープの使い方

    二重を作る時のように、目頭の方から貼っていきます。4分の1ほど貼ったら目頭のテープを押さえ、涙袋部分を引っ張り上げるようにしながら目尻の方まで貼っていきます。この時、あまり食い込ませすぎないように注意! 涙袋の幅より少し余分に引っ張って、気をつけながらテープを切ります。これで完成!

    おすすめの涙袋テープ

    涙袋テープは100円ショップなどにも売っていますが、やっぱり剥がれやすかったりすることがあります。そこでおすすめなのが、SHO-BIの涙袋テープ。医療用素材を使っているので肌に優しく、テープが薄いので目立ちません。テープの上からメイクもできます。

    涙袋メイクでの影を作るおすすめコスメ

    ここで、涙袋メイクに欠かせない影を作るのにおすすめなコスメをご紹介します!

    セザンヌ 描くふたえアイライナー

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    涙袋を描くのにちょうどいい濃さとの口コミが多いこちら。リキッドタイプになっていて、筆もとても細くコシがあり描きやすいのが特徴。お湯で落とせちゃうのもポイントです!

    ケイト ダブルラインエキスパート

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    二重のダブルラインを描くのに使っている人、多いのではないでしょうか? ケイト ダブルラインエキスパートは、なんと涙袋の影を描くのにも使えちゃいます! もともと人気商品だったダブルラインフェイカーがリニューアルしてこちらの商品になったんだそう。前よりお値段も安くなっていますよ!

    ヴィセ アイブロウ ペンシル&パウダー BR32

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    ヴィセのアイブロウペンシルは、涙袋の影を描くのにも使える優れものです。硬めなので色がつきすぎず、ちょうどいいくらいに発色してくれるんです。ペンシルの形が楕円形になっているのも使いやすいポイントです。

    ケイト アイブロウペンシルA BR-3

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    こちらもアイブロウペンシル。繰り出し式なので削る手間もなく、簡単に涙袋の影を描くことができます。程よい硬さで色も濃すぎないので、影を描くのにぴったり。

    涙袋メイクでうるっと感を出すおすすめコスメ

    目元をうるっと見せるのにとっても大切なのが、下まぶたをキラキラさせるアイシャドウやハイライト。というわけで、ここでは目元をよりうるっと見せるおすすめコスメをご紹介します!

    ウィッチズポーチ ウィッチズ フィット スティックシャドウ 05 ゴールド

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    繰り出し式のスティックタイプなので、時短メイクにおすすめできるのがこちらのアイシャドウ。持ち運びにもぴったりですよね。なめらかで柔らかいので塗りやすく、ラメ飛びしないと言う口コミ多数! 

    リンメル プリズムクリームアイカラー 002 ミルキーピンク

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    リンメルからはこちらのクリームタイプのアイシャドウをご紹介。パールがぎっしり入っていて、上品できらびやかな目元に仕上がります。ひとぬりで濡れたような下まぶたになるので、涙袋メイクにぴったり!

    エチュードハウス ティアーアイライナー

    涙袋メイクで愛され顔に!涙袋メイクとおすすめのコスメ紹介の画像

    涙袋メイク用のコスメと言えばこちら。パールぎっしりでクリスタルやオパールのような輝きが印象的。目元をうるうるしてくれるだけでなく、皮脂や汗にも強くにじみにくいのもポイントです。

    涙袋メイクでの注意ポイント

    涙袋メイクをする上で注意したいポイントもあります! ここでチェックしておきましょう。

    クマはしっかり消す

    クマをしっかり消しておかないと、せっかく書いた涙袋の影もクマに見えてしまいます。涙袋の影をバッチリ引き立たせるためにも、クマはコンシーラーなどでしっかり消しておきましょう。

    幅を広く作りすぎない

    幅を広く取りすぎてしまうと、いかにも涙袋をメイクしました!といった仕上がりになってしまいます。そうならないように、自然な涙袋メイクを心がけましょう。

    乾燥には要注意

    乾燥はいつでもメイクの大敵ですが、もちろん涙袋メイクをする時にも注意が必要です。乾燥しているとせっかくの涙袋メイクも落ちやすくなってしまうので、メイク前にしっかり保湿しておきましょう。

    まとめ

    今回は涙袋メイクのハウツーとおすすめコスメをご紹介していきましたがいかがでしたか? かわいらしい印象に見せるためにも欠かせない涙袋メイク。涙袋があるのとないのでは、印象が大きく違ってくるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!