【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介

編集部yoshi

編集部yoshi

LDK、美的、Voceをよく読んで参考にしています。田中みな実さんのインスタグラムは、美の秘訣が満載で必見です!乾燥、小鼻の毛穴、唇のあれやすさが悩みで、自分に合うアイテムを探し中。好きな化粧品ブランドは、BOBBI BROWN、GIVENCHY、TOMFORDです♡

更新日時: 配信日時:
【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像
目次
  1. 化粧下地の種類
    1. 初心者の方はリキッドタイプがおすすめ
    2. 保湿したい方はクリームタイプ
    3. 軽いつけ心地を求める方にはジェルタイプ
    4. さらっとした質感ならムースタイプ
  2. 化粧下地の選び方
    1. テカリや肌の油分が悩みの方にはオイルフリーの化粧下地
    2. 乾燥肌の方は保湿成分がある化粧下地
    3. 混合肌の方は部分によって塗る量を変えよう
    4. 毛穴が気になる方は凸凹をなくす下地
    5. くすみや顔色がきになる方は肌色補正効果がある化粧下地
    6. たるみやしわなどがきになる方は美容成分がたっぷり入った化粧下地
    7. 敏感肌の方は添加物が入っていないオーガニックな化粧下地
    8. 紫外線防止できるものは乾燥肌には良くない!?
  3. テカリ知らずの崩れない化粧下地おすすめランキングTOP3
    1. 1位:ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地
    2. 2位:ポール & ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S
    3. 3位:エテュセ オイルブロックベース
  4. 毛穴をカバーしてくれる化粧下地おすすめランキングTOP3
    1. 1位:ジルスチュアート ラスティング フルフラットベース
    2. 2位:コフレドール 毛穴つるんとカバー 化粧もち下地
    3. 3位:MiMC ミネラル イレイザーバーム
  5. くすみをカバーしてくれる化粧下地ランキングTOP 3
    1. 1位:マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV
    2. 2位:コーセー エスプリーク CC ベースカバー
    3. 3位:カネボウ メディア メイクアップ ベースS
  6. まとめ

    ファンデーションを塗る前の大事な工程、化粧下地。ここで手を抜いてしまうと元のお肌が荒れてしまったり、せっかくの良いファンデーションが綺麗に乗らなかったり。下地の上に重ねてしまうと見えなくなってしまうので、裏方の様な印象を頂いている方が多いと思います。確かに裏方かもしれませんがベースメイクやアイメイク、全ての土台となっているのが下地です。
    素肌を守り、化粧ノリが良くなるのも化粧下地のおかげです!ファンデーションやアイシャドウ、リップ程は注目されないけど、メイクをする上で欠かせない縁の下の力持ち。そんな化粧下地に、今回はスポットライトを当てていきたいと思います!

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    化粧下地の種類

    ファンデーションと同じ様に、下地にも形状の種類があります。リキッド、クリーム、ジェル、ムース。質感が違うのは勿論、仕上がりやつけ心地、そして同じ化粧下地でも得意分野が違います。あなたの理想にあった下地はどの種類でしょうか?

    初心者の方はリキッドタイプがおすすめ

    一番スタンダードなのがリキッドタイプ。他の種類に比べて最も柔らかいテクスチャーで、まるで乳液のような伸びの良さが特徴です。塗りやすいので色ムラにもなりづらく、肌なじみも抜群です。美容液や保湿成分も配合しやすく、高い機能をもった下地も多いです。更にどんな肌質にも合うので、バランスがとれた万能タイプです。

    保湿したい方はクリームタイプ

    油分を多く含む事が可能なので、しっとりとしていてテクスチャーも濃厚です。保湿力が高いので冬はクリームタイプを使う!という方も多いはず。カバー力も抜群なので、厚塗りはせずに少量で気になる部分のカバーが可能。しかもくすみ・クマ・赤み、各悩みに特化した色補正も得意なのがこのクリームタイプです。

    軽いつけ心地を求める方にはジェルタイプ

    とっても軽いのに、水々しさ溢れるテクスチャーなのがジェルタイプ。保湿を求めると重くなる事が多いですが、軽いつけ心地が好き!という方にピッタリです。肌なじみも良いのでナチュラルな素肌感を維持したまま、ハリ・ツヤのあるお肌になる事が可能。皮脂を吸収するタイプも多いので、どちらかというと混合肌やオイリー肌の方におすすめです。

    さらっとした質感ならムースタイプ

    名前の通りふわふわのムースタイプの化粧下地は、手にとった時はふわふわなのに肌に触れた瞬間に質感が変化し、さらっとしたパウダーになり肌にフィットします。何度塗ってもこの変化がたまらなく好きで、くせになってハマってしまう方もチラホラ見かけます。肌の負担も軽いのに、表面を均一に整えてくれて次に塗るファンデーションのノリも良くしてる、ふわっと可愛いイメージなのに実は実力派の下地。

    化粧下地の選び方

    選び方には大きく分けると2つのポイントがあります。まず1つめは肌質です。オイリー肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌。そして2つめは肌悩み別の効果です。毛穴や凸凹を隠したい、くすみが気になる、たるみやしわを改善したい、等。肌質に合わせつつ、自分の肌悩みは何なのか?を考えながら選ぶと自分の願いを叶えてくれる化粧下地に出逢えるはずです♡

    テカリや肌の油分が悩みの方にはオイルフリーの化粧下地

    夏は勿論冬でもとてもテカリやすかったり、皮脂による崩れが気になる方は、オイルフリーがおすすめです。元から十分な皮脂があるので、そこにプラスでオイルが多いものを使うと更に皮脂崩れを起こしやすい環境を作ってしまう事になってしまいます。オイルフリー、又は皮脂抑制効果のあるものがあるので、そちらを使うとヨレやすさも減少します。混合肌で顔全体は乾燥するのにTゾーンだけがテカってしまう!という方には、Tゾーンのみこちらの化粧下地を使うという方法も良いです。

    乾燥肌の方は保湿成分がある化粧下地

    肌が乾燥しがちなので、ツヤ感がある化粧下地が向いています。そして元のお肌を乾燥させないのが何より大切なので、保湿成分が配合されているものがおすすめです。肌に塗った時にあまり伸びなかったり、乾燥しそうな気配があるものは避けて下さい。伸びが良くしっとりとしていて、水々しさのあるテクスチャーが良いです。ですが保湿にこだわりすぎるとベタつくものもあるので、塗った際にベタつかずに適度な保湿を感じるものがベストです。

    混合肌の方は部分によって塗る量を変えよう

    Tゾーンはテカるのにその他は乾燥肌、等悩みはそれぞれですが顔の中でも違う肌質が存在する混合肌さん。同じ化粧下地でも塗る量を変えるとコントロール出来ます。下地もファンデーションにも言える事ですが、カバーしようと塗れば塗る程厚くなってしまい、崩れやすい傾向があります。テカりやすいTゾーンには少量で叩き込む様に馴染ませ、乾燥しやすい全体には適量を均一に塗ってあげましょう。又、部分別に違う下地を塗るのが面倒ではない方には、テカリやすい部分には皮脂抑制効果のある下地、乾燥する部分には保湿効果がしっかりある下地、と分けて使うのもおすすめです。

    毛穴が気になる方は凸凹をなくす下地

    毛穴ってなんでこんなに目立つのか……と鏡を見つめる度に落ち込んでしまいますが、毛穴カバーをしてくれる下地を味方につけてしまいましょう!塗った瞬間に、あの毛穴はどこへ?となる程凸凹をなくし均一にしてくれる下地があります。カバー力が高いのでファンデーションも薄付き、またはファンデーションを抜いてフィニッシュパウダーをはたけばもう十分、と思える程です。

    くすみや顔色がきになる方は肌色補正効果がある化粧下地

    顔色がくすんでいると、元気な時でも疲れたお肌に見えてしまいます。くすみには、強いカバー力で隠すよりも補正効果でとばしてしまう方が効果的なんです!光反射するパウダーの効果でくすみを飛ばし、微粒子パウダーなどで肌をなめらかに均一に見せてくれます。色の補正効果でいうと、茶色系のクマにはオレンジ色が向いていて、黄ぐすみや赤みにはブルー・グリーン系が向いています。悩みに合わせて、光や色を味方につけましょう。

    たるみやしわなどがきになる方は美容成分がたっぷり入った化粧下地

    たるみやしわには、ベースメイクからの対処が不可欠です。気になる部分ですが塗れば塗る程厚くなりたるみを強調してしまったり、そのしわに入り込んで目立たせてしまったりと逆効果になる可能性が高いからです。たるみをハリに変え、しわを均一に見せてくれる、美容液成分が多く配合されている化粧下地を選びましょう。

    敏感肌の方は添加物が入っていないオーガニックな化粧下地

    直接肌に塗る化粧下地なので、敏感肌の方は選ぶ際に注意が必要ですよね。どの成分に反応してしまうかは人それぞれですし、体調により普段は大丈夫なのに疲れてくると敏感肌になるという方もいます。そこでどのタイプの方にも安心出来るのが、添加物が入っていないオーガニックな化粧下地。自然由来の成分をメインに作られており、石油系の成分を使っていないものがほとんどなので肌への負担も低く優しい商品です。肌負担が低いということは、クレンジングも肌に優しいもので落ちる場合が多いので肌へのメリットは沢山あります。

    紫外線防止できるものは乾燥肌には良くない!?

    日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」という成分が含まれておりそれぞれ別の役割があります。そのうち前者の紫外線吸収剤がお肌の乾燥に繋がってしまう場合がります。元のお肌の状態が良ければ感じなかったり、自分のお肌との相性もあるかもしれませんが、日焼け止めを塗るととっても乾燥する!という方はこの成分と相性が悪い可能性があります。その場合は、化粧下地も日焼け止めも「紫外線吸収剤フリー」や「錯乱剤のみ使用」という商品がありますので、そちらを使用することをおすすめ致します!

    テカリ知らずの崩れない化粧下地おすすめランキングTOP3

    ここからはお悩み別のおすすめランキングです。まずはテカリ知らずの崩れない化粧下地!

    1位:ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    テクスチャーはサラっとしていて、ほぼ液状なので肌にピタッと密着します。オイリー肌の方の使用率がとても高く、普通肌さんでも夏になるとこれに変えます!とよく聞く下地がこちらの商品。普段は夕方にはテッカテカになるTゾーンも、これを塗ると夜までまさにテカリ知らず。そして皮脂を感じさせない分崩れることもなく綺麗な肌を長時間キープ。脂性肌さんにはとっても向いてます!混合肌さんや普通肌さんは、Tゾーンやテカリが気になる部分にのみ塗ると驚くほど能力を発揮します。

    2位:ポール & ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    モイスチュアの名の通り、保湿力はバッチリです。乾燥肌の私ですが下地を色々試していても、なんだかんだ帰ってくる下地の1つでもあります。1番の特徴は高い保湿力、そしてその保湿力が故に出せるしっとりとした透明感。なのですが、それとほぼ同等と言える魅力が、持続力のある崩れなさです。冬に使う方が多いのですが私は真夏でもこちらも下地に仕込みます。脂性肌の方には厳しいかもしれませんが、この下地を薄く塗った上にパウダーファンデで抑えると驚く程崩れません。夏の乾燥にも耐え、汗をかいても崩れにくい、高保湿と持続力を兼ね備えた高品質の化粧下地です。崩れないポイントは、本当に薄く薄〜く塗る事です!

    3位:エテュセ オイルブロックベース

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    こちらは全面に塗るのではなく、部分用化粧下地です。使い方はスキンケアや下地の後に気になる部分にだけ乗せるので、修正液感覚のイメージです。液自体は白いのですが、塗ると透明に変わるのでお直しの際にファンデーションの上から塗るのが可能、いつでも塗る事が出来ます。以前バラエティショップで気軽に買ったのですが、小さいにも関わらずその実力に驚きました。下地の後に鼻先にちょこっと塗るとまずさらっさらに変化しました。その後軽くパウダーをはたき外出。真夏に暑い日に出かけて汗を沢山かいたのに、鏡を見るとさらっさらなお鼻がそのまま存在していたのです……!乾燥肌の方で本当に狭い部分だけに使いたいという方にもおすすめ出来る一品です。

    毛穴をカバーしてくれる化粧下地おすすめランキングTOP3

    毛穴をカバーしてくれるおすすめランキングです!

    1位:ジルスチュアート ラスティング フルフラットベース

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    凹凸を補正するパウダーがバランスよく配合されており、毛穴と色ムラをしっかりカバーしくれてる下地。フルフラットになる様に均一な薄膜となり、粉っぽさのない素肌に近いナチュラル仕上げ。下地の時点では綺麗なのにファンデーションを塗ると何故か凸凹のあらが出てくる、という悩みにもしっかり答えてくれます。適度な質感がファンデーションをなめらかにフィットさせてくれるので、最終的な仕上がりもとても綺麗にしてくれます。

    2位:コフレドール 毛穴つるんとカバー 化粧もち下地

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    毛穴の凸凹が気になる方は勿論、黒ずみまでもカバーしてくれるのに厚塗り感が出ない化粧下地。伸びがよく肌に塗ると全体的にトーンアップし、ぴたっとフィットして長時間崩れないのも魅力的。さらさらでつるんとした仕上がりになるので、乾燥肌さんはリキッドや保湿力の高いファンデーションを重ねるのがおすすめです。脂性肌の方はパウダー・リキッド、どちらのファンデーションでも合うと思います!

    3位:MiMC ミネラル イレイザーバーム

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    自然の力で「毛穴に悩むひとを開放したい」という願いから発想された、イレイザーバーム。ふんわり柔らかな植物由来パウダーが凸凹にフィットし肌負担なく完成度を高めてくれます。下地としても、ハイライトとしてもファンデーション前に仕込むことにより毛穴のない透明感溢れる肌になります。余分な皮脂や水分を吸着するので、化粧崩れを防止し夕方も綺麗な人を実現。クレンジング不要の石鹸オフなので肌負担が低く、こだわり抜いた植物エキスがプラスされていて素肌美も底上げしてくれる、隠れた名脇役。

    商品を見に行く

    くすみをカバーしてくれる化粧下地ランキングTOP 3

    くすみをカバーしてくれるおすすめランキングです!

    1位:マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    伸ばすとまるで素肌の様に薄くなめらかにフィット、トーンを均一にしてくすみを飛ばしたナチュラルなお肌に仕上げてくれます。うるさらセンサーパウダーが配合されており、湿度が上がった時は皮脂と汗を吸収して保持してくれます。逆に乾燥すると水分を少しずつ手放し、テカリとカサつきを防いでくれる優れもの。その効果でうるさら美肌が長時間続きます。

    2位:コーセー エスプリーク CC ベースカバー

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    ブライトカバー粉体(隠蔽効果)が色ムラ・くすみをカバーして、ワントーン明るい肌に仕上げてくれます。ぽっかり穴があいた様な毛穴、黒ずみが目立つ様な毛穴のカバーもお手の物!カバー・モイスト・ナチュラルの3種類があるので、求めるカバー力や肌質に合わせて選ぶ事が可能です。ベタつき感もなくファンデーションのノリを良くしてくれて、時間が経っても毛穴が目立つどころか馴染んで綺麗なままなので、とてもバランスの取れた一品です♡

    3位:カネボウ メディア メイクアップ ベースS

    【肌悩み別】化粧下地おすすめランキングTOP3・選び方や特徴も紹介の画像

    色がオレンジとグリーンの2色あり、お悩みの内容別に選ぶ事が出来ます。くすみに悩んでいる方におすすめしたいのはオレンジです。肌がくすみがちだと、ワントーン暗く見える上に不健康、疲労感が強く出てしまいます。くすみをカバーし、全体的にパッと明るく健康的なお肌にしてくれます。乾燥肌の人にもおすすめ出来るしっとりとした塗り心地の良さも魅力的。オレンジのコントロールカラーは出しているところが少ないのですが、似合う方も多いと思うのでプチプラですし是非お試し下さい。

    まとめ

    ベースメイクの土台となる化粧下地は、肌質やお悩み別に選ぶことが大切です。気になるものを数商品に絞ったあとは、お手持ちのファンデーションとの相性を見極めるのも大切だと思います。下地とファンデーションの相性が悪いと、お互いの良さを活かせない場合があるので、買う前にサンプル等で相性を確かめるのも良いと思います。あなたに合う化粧下地が見つかります様に♡