アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
ヘッダーバナー

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】

by:編集部ももか
更新日時:
配信日時:
おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像
おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

やっぱりきれいな肌の女の子には憧れちゃいますよね。実は、そんな美しい肌を叶えるために重要なのは「洗顔」なんです。あなたは、肌悩みに合わせた洗顔料選びはできていますか?今回は、よりきれいな肌を目指す方に向けて正しい洗顔方法や洗顔料の選び方をご紹介していきます。

今回医療監修していただいた方

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

野崎 綾香
2018年薬剤師免許取得。同年に日本化粧品検定1級、2級を取得。
現在は化粧品会社で薬事業務を担当。
美容皮膚科クリニックでの薬剤師、化粧品開発に携わった経験も。

そもそも黒ずみ毛穴の原因って?

”いちご鼻”など、毛穴の黒ずみを気にしている方は多いのではないでしょうか? また小鼻や頬のざらつきといった肌トラブルに悩まされる方もいるかと思います。そもそも、毛穴の黒ずみはどんなことが原因で起こるのでしょうか?

毛穴の黒ずみは角栓が原因

毛穴の黒ずみは角栓が原因で起こります。角栓とは、古い角質と皮脂が混ざり合ってできた汚れのこと。肌のターンオーバーが乱れることで角栓が毛穴に詰まり、プツプツと気になるいちご鼻の原因になるのです。

しっかり洗顔しているのにいちご鼻になるのはなぜ?

「朝晩しっかり洗顔しているのに毛穴が気になるのはどうして?」と疑問に思う方もいるかと思いますが、もしかしたら間違った洗顔をしているのかも。角栓を撲滅しようと無理やり押し出そうとしたり、剥がすタイプのパックを繰り返し使っていると肌にダメージとなり肌荒れが起きてしまいます。間違ったケアは余計に肌質を悪化させてしまうんです。黒ずみやくすみにサヨナラして、キメの整ったふっくら肌を目指すには、まずは正しく洗顔をするのが大切。ここからは、OKとNGな洗顔方法を解説していきます。

まずは洗顔を見直すことが重要

美肌のために、化粧水や美容液、サプリメントなどをこだわっている方は多いかと思います。意外と思われるかも知れませんが、実は、いちばん重要視するべきなのは洗顔です。どんなにスキンケアをしても、汚れが落ちきっていないお肌に塗り重ねていたら効果を発揮しきれません。美しい肌を手にするための第一歩として、洗顔の見直しから始めていきましょう。

STEP1.濃密泡を作る

正しい洗顔方法として、まずは泡作りから始めましょう。手を逆さにしても落ちないくらい弾力のある濃密泡が理想です。キメが荒く少ない量の泡で洗顔してしまうと、肌にかかる摩擦が大きくなり刺激になってしまいます。まずは手をよく洗って、余分な皮脂や汚れを洗い流しましょう。次に洗顔料を適量手に取り、手や洗顔ネットで泡立てていきます。手で泡立てる場合は少しずつ水を加えて、空気を含ませるように大きな円を描きながら泡立ててみてください。洗顔ネットを使う際も泡の水分量が少なくならないように、洗顔ネットに充分の水を含ませてから泡立てましょう。

STEP2.泡で包み込むように洗う

濃密泡が完成したら、いよいよ洗顔です。洗顔する際はたっぷりの泡で顔を包み込むように洗っていきましょう。手で必要以上にこすったり摩擦を加えすぎるのはNGです。特にテカリが気になるという方は、角栓のたまりやすいTゾーン→フェイスライン→頬→生え際の順番で洗ってみてください。洗顔ブラシなどのツールを使う場合も力を入れすぎず、「泡で洗う」というイメージを持ちながらやさしく洗顔することがポイントです。

STEP3.ぬるま湯でしっかりすすぐ

洗い流す際は30〜34度のぬるま湯ですすぎましょう。これ以上の温度は肌に刺激となってしまう可能性があり、また冷水のみでは皮脂汚れが落ちにくく、また毛穴が引き締まることで次のスキンケアが浸透しにくくなってしまいます。シャワーで直接洗い流すのではなく、手ですくいながらそっとすすぐのがポイントです。つい面倒になってシャワーで一気に洗い流してしまいがちですが、手でこすりながらの摩擦と水流の圧も加わるため肌が乾燥しやすくなってしまいます。洗い残しはニキビや角栓の原因となってしまうため、洗い残ししやすいフェイスラインや生え際も、鏡で確認しながらしっかり洗い流してくださいね。

しっかり洗顔することで美肌への第一歩

正しい洗顔で汚れをオフすることで、肌が明るくなり美肌の土台ができます。素肌の状態が整えば、その後に使うスキンケアの浸透力(※角質層まで)がアップするはず! よりスキンケアアイテムの力を実感できるはずです。ここからは洗顔料の選び方とおすすめの製品を紹介していきます。

洗顔料の種類と選び方

洗顔料にも様々な種類があります。どの種類が自分に合うのか探すのも一苦労ですよね。ここでは、「洗顔フォーム」「酵素洗顔」、「クレイ洗顔」、「ピーリング洗顔」の3種類の洗顔の特徴をまとめてみました!

毎日使うなら洗顔フォーム

泡立ちがよくデイリー使いしやすい洗顔フォームは毎日使う洗顔料としておすすめです。スクワランやセラミドなどといった保湿成分が配合されており、しっとりとした洗い上がりのものを選んでみましょう。

酵素洗顔でお肌の汚れをオフ

普通の洗顔では落としきれない毛穴汚れや角栓まで清浄してくれる酵素洗顔。肌の老廃物である角質を取り除くことで、ニキビ予防にも効果的! 洗浄力がとても高いので、たまにのスペシャルケアに使用するか、毎日使える優しいものを選ぶことをおすすめします。

クレイ洗顔は黒ずみ毛穴が気になる方におすすめ

クレイとは”泥”のこと。クレイには余分な皮脂や汚れを吸着する力があります。黒ずみ毛穴の原因となる角栓も吸着して清浄してくれるので、毛穴汚れが気になる方におすすめ!必要なうるおいは残してくれるので、乾燥肌や敏感肌の方にも安心です。

ピーリング洗顔はオイリー肌や古い角質が溜まった方におすすめ

古い角質を落とすことで肌を明るく見せてくれるピーリング洗顔。酸の力で角質を除去する”ピーリング”はエステなどでも行われていますが、同様の効果がある洗顔料を使うことで自宅でのケアにも取り入れることができます。また、角質と一緒に毛穴の皮脂や汚れもオフしてくれるので、皮脂分泌が過剰なオイリー肌の方に特におすすめできます。

おすすめの洗顔料15選

美しい肌を実感できる洗顔料を選びました。お店に行っても種類がありすぎてよくわからない......という方必見です! 自分にぴったりの洗顔料を見つけてみて下さいね。

オルビスユー オルビスユー ウォッシュ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

細胞レベルまでうるおいを届け、肌本来の持つ自立した美しさへと導く「オルビスユー」。そのシリーズの洗顔料は、クレイ配合で汚れや角質をしっかりアプローチ。洗いあがりの肌は化粧水のなじみ方が見違えますよ!ブースターの役割まで果たしてくれる優れもの。

雪肌粋 ホワイト洗顔 クリーム

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

”雪のように清らかな明るくクリアな肌へ”導いてくれる雪肌粋のクリーム洗顔。すっきりかつうるおいのある洗い上がりが特徴です。古い角質や毛穴汚れを清浄し、美しい肌に近づけてくれます!コンビニでも手に入る手軽さもよいですね。

ビフェスタ 泡洗顔 ブライトアップ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

ワンプッシュで濃密な泡が手に入るビフェスタの泡洗顔。手では作れないキメ細かいくすみや黒ずみの原因となる汚れをオフ。炭酸を含んだ泡を広げて20~30秒ほどマッサージすることで血行を促進する効果も◎。泡立て不要なので、とても手軽です。しっかりケアしたいけど時間はかけられない......という忙しい方の味方です!

ロゼット洗顔パスタ ホワイトダイヤ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

様々な種類があるロゼット洗顔パスタシリーズ「ホワイトダイヤ」。古い角質をすっきり洗い清浄し、肌を健やかな状態へと整えます。保湿とコンディショニングのための成分も配合されているので、後に使うアイテムがなじみやすい肌にしてくれます。少ない量でも泡立ちがよくプチプラなお得感も人気の理由のひとつです!

メルサボン アニュ フェイスウォッシュ モイスチャーディープオフ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

酸化を防いで素材本来の美容成分を引き出すために、容器にまでこだわっているメルサボン アニュの生洗顔。中でもモイスチャーディープオフは”毛穴の汚れ洗浄すること”に注目した製品です。クレイ配合で、毛穴の汚れをしっかり吸着。生花由来の香りつきで、いつものスキンケアタイムを優雅なものにしてくれます。

水橋保寿堂製薬 いつかの石けん ねりタイプ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

酵素泡が毛穴の汚れをオフしてくれる、チューブタイプの洗顔料。同じシリーズの固形タイプも人気ですが、こちらのタイプは持ち運びのしやすさと使いやすさ、清潔感が◎。肌に溜まった古い角質をさっぱり落としてくれるのに、洗顔後はつっぱらないのが特徴です。

オバジ オバジC酵素洗顔パウダー

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

酵素の力で毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・ザラつきを清浄してくれる、パウダータイプの洗顔料です。ビタミンC配合で肌に保湿成分をプラス。”毎日使えるスペシャルケア洗顔”という紹介がぴったりです! 使い切りタイプでかさばらないのでお泊まりなどにも!

専科 パーフェクトホワイトクレイ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

ホワイトクレイという天然のミネラルを豊富に含んだ泥が、肌をおだやかに浄化してくれます。濃密な泡が古い角質や毛穴の汚れをからめ取り、明るい肌に導きます。泡立ちもよく、もったりとした泡がたっぷりでき 上がるので、肌の上を転がすように優しく洗うことができ刺激が少ないのも◎

トランシーノ薬用クリア ウォッシュ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

キメ細かい泡で 肌を洗い上げるトランシーノの薬用洗顔料。保湿クリーム成分が約50%配合されていて、しっとりとした洗い上がりが特徴です! さらに低刺激なので、敏感肌、乾燥肌の方にも おすすめできます。

スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

こちらもパウダータイプの洗顔料。酵素パワーで毛穴の黒ずみ汚れ・角栓・ザラつき・古い角質をすっきり 洗浄、つるつるすべすべ肌に洗い上げます。洗浄力が高いので、黒ずみが気になりだした時の特別なケアに取り入れるのが おすすめ!

コスメデコルテ フィトチューン クリア パウダーウォッシュ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

コスメデコルテから、炭酸の泡で毛穴の黒ずみやザラつきをなめらかに洗い上げるパウダータイプの洗顔料。普段の洗顔では落としきれない毛穴 汚れや、くすみの原因となる古い角質もオフしてくれるのに、肌に負担をかけない使い心地。普段使っている洗顔フォームに混ぜる使い方も おすすめなんだか......!

米肌 肌潤洗顔クリーム

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

お米と発酵の美容成分が、なめらかでしっとりとした素肌へ導いてくれるこの商品。毛穴汚れや皮脂にアプローチしつつ、大豆発酵エキスなどの豊富な保湿成分がうるおい いを両立させてくれるので、乾燥肌さんにもおすすめ!

クラランス ホワイト-プラス ブライト クレンザー

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

新感覚の泡がワンプッシュでつくれるクラランスの泡洗顔。軽めのテクスチャーの泡が肌をやさしく包み込んで、落としきれていないメイク の汚れまでしっかり取り除いてくれます。繊細なグリーンフローラルの上品な香りで、気分まで満たされながらスキンケアできちゃいます。

カネボウ リフレッシング パウダー ウォッシュ

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

カネボウの酵素パウダー洗顔料。古い角質を 洗い上げ化粧のりのよい肌に。手に吸いつ くようなしっとりとした洗い上がりで、つっぱり感のないなめらかな肌に仕上げてくれます。白とピンクのパウダーがカプセルに閉じ込められている女の子らしい見た目で気分があがります♡

ステラシード エンジェルレシピ ホワイト 洗顔フォーム

おすすめの洗顔料15選! 美肌を叶える洗顔の仕方や選び方をご紹介【医療監修】の画像

アルブチン、ビタミンC、ユキノシタの3種のホワイトアプローチ成分配合で、シミやソバカスのもとであるメラニン除去に働きかけ ながら肌を健やかな状態へと導きます。濃密なクリーム泡ですが、洗い上がりはさっぱりとしているのが特徴です。

まとめ

気になる洗顔料は見つかりましたか? 洗顔料をよく泡だてて優しく洗うことも大事なポイントです。中指と薬指を使って洗うことを心がけると、余計な力が入り にくくなり肌への負担を減らすことができるのでおすすめ ですよ◎。日々の洗顔を見直し、理想とする 美しい肌を手にいれちゃいましょう!

このページをシェアする
Twitterで共有 Facebookで共有 LINEで共有

人気レビューランキング