コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介

編集部あかり

編集部あかり

好きな化粧品雑誌はVOCE。Yotuberの関根りささん、元美容部員の和田さんも参考にしています。肌悩みは、乾燥、毛穴、肌荒れが起きやすいことで、日々色々なスキンケア用品を試しています。シートマスクが大好きでこれまで使ったシートマスクは90種類以上!!好きな化粧品ブランドは、Diorとクラランスです!

更新日時: 配信日時:
 コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像
目次
  1. コントロールカラー特徴と選び方
    1. コントロールカラーとは
    2. コントロールカラーの色と選び方
    3. 顔のくすみが気になる方や白い肌になりたい人はブルーのコントロールカラー
    4. 顔の赤みやニキビの赤みが気になる方ばグリーンのコントロールカラー
    5. ナチュラルな素肌感が欲しい人にはパープルのコントロールカラー
    6. 赤みとくすみが混合している方にはイエローのコントロールカラー
    7. 青白い顔色の方にはピンクのコントロールカラー
    8. 色黒で顔色の悪さに悩んでいる方にはオレンジのコントロールカラー
  2. メイクでのコントロールカラーの順番
    1. 化粧下地を塗ったあとにファンデーションの前に塗る
    2. 最終的なカバーはコンシーラーを使おう
  3. おすすめのコントロールカラーのアイテム3選
    1. CandyDoll ブライトピュアベース パールピンク
    2. メイクヒール ウォンピエルカラーレーザー PP1101 TONING LAVENDER 7ml SPF30 PA++
    3. THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 01 PINK PETAL
  4. まとめ
     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    肌をきれいに見せるために欠かせないのが、化粧下地をはじめとする土台づくり。化粧下地の中でもコントロールカラーは、理想の肌へ近づけてくれるアイテムです。今回はコントロールカラーの効果や特徴、選び方をご紹介致します。

    コントロールカラー特徴と選び方

    コントロールカラーは肌悩み別に使うカラーが変わってきます。お悩み別で、どんなカラーコントロールがいいのか、正しい選び方をマスターして美しいベースメイクを叶えましょう!

    コントロールカラーとは

    コントロールカラーは肌の赤みやくすみなどの悩みに対し、反対の色を用いることで、もともとの色を打ち消す、カバーするといったことを目的としています。最大のメリットとしては、肌悩みをナチュラルにカバーできることです。

    コントロールカラーの色と選び方

    さまざまな色のコントロールカラーがありますが、もともとの肌の色や悩みによって特徴や選び方は変わってきます。ここでは、お悩み別におすすめのコントロールカラーを伝授します!

    顔のくすみが気になる方や白い肌になりたい人はブルーのコントロールカラー

    黄色いくすみを目立ちにくくしてくれるのが、青のコントロールカラーです。明るさをプラスし、肌がトーンアップするので色白肌になりたい方にもおすすめです。塗りすぎると血色感がなくなり、顔色が悪く見えてしまうこともあるので気をつけましょう。

    顔の赤みやニキビの赤みが気になる方ばグリーンのコントロールカラー

    緑のコントロールカラーは、赤ら顔やニキビ跡など、肌の赤みをカバーして健康的な顔色に見せてくれます。ブルーのコントロールカラーだと顔色が悪く見えてしまいがち……! なんて悩みを抱える方にもおすすめです。小鼻わきの赤みにも効果的ですよ!

    ナチュラルな素肌感が欲しい人にはパープルのコントロールカラー

    パープルは素肌感をアップしてくれる優秀カラー。黄色いくすみを目立ちにくくしてくれる青と、血色を良くしてくれるピンクのいいとこどりなんです! 肌にのせた瞬間、明るい仕上がりになります。

    赤みとくすみが混合している方にはイエローのコントロールカラー

    肌全体の赤み、くすみ、色ムラをカバーして目立たなくしてくれます。小さい赤いニキビなど、ほおや額などの広いゾーンにもおすすめ! アジア人の肌色に近いので、なじみやすく使い勝手がいいです。

    青白い顔色の方にはピンクのコントロールカラー

    血色が悪かったり青みがかったり、顔色が悪く見えるのが悩みという方は、パッと華やかに見せてくれるピンクのコントロールカラーを使いましょう! 血色感をプラスしながら、明るい雰囲気を演出できます。

    色黒で顔色の悪さに悩んでいる方にはオレンジのコントロールカラー

    肌が暗く見えてしまいがちな色黒の方は、明るい印象にしてくれるオレンジのコントロールカラーがおすすめです! オレンジのコントロールカラーは、ほかにも目の下のクマやニキビ跡にポイント使いして、気になる部分をしっかりカバー。肌の色を均一に見せてくれます。

    メイクでのコントロールカラーの順番

    コントロールカラーには、顔全体用と部分用があります。化粧下地の代わりとして使うことも可能ですが、基本的には化粧下地ではカバーしきれない肌悩みを、目立たなくするために使うアイテムになります。

    化粧下地を塗ったあとにファンデーションの前に塗る

    全顔用は、化粧下地や日焼け止めを塗ったあとになじませることが基本です。また化粧下地を省いてコントロールカラーのみで、ファンデーション前の土台を作ることもできるアイテムもあります。部分用は、化粧下地を塗ったあとに、クマやくすみなどの気になる部分にのみ使うのもおすすめです。

    最終的なカバーはコンシーラーを使おう

    コントロールカラーは伸びがよくなじみやすいのですが、カバー力が高い訳ではなく、肌の気になる部分を自然に目立たなくしてくれるものです。どうしてもカバーしきれない部分は、コンシーラーとコントロールカラーのダブル使いをした方が、よりきれいにカバーできますよ。

    おすすめのコントロールカラーのアイテム3選

    たくさんのコントロールカラーの中から、肌なじみ抜群で、よりナチュラルに肌を整えてくれる優秀なコントロールカラーを集めました。保湿感や崩れにくさなども考慮したので、あなたに合うコントロールカラーを見つけてみてくださいね。

    CandyDoll ブライトピュアベース パールピンク

     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    冬でも安心して使えるくらいベタつかないのにしっとりして、肌を白くするというよりも、明るく健康的な肌感を出してくれるコントロールカラーです。伸びがよく、日焼け止め効果も高いので忙しい朝にこれ1本でOKな万能アイテムです。崩れにくく、長時間うるおいをキープしてくれるのも、これからの時期にはうれしいポイントですよね。

     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    メイクヒール ウォンピエルカラーレーザー PP1101 TONING LAVENDER 7ml SPF30 PA++

     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    肌のトーンを均一に整えながら、華やかさを演出してくれる、パープルのコントロールカラーです。しっかり保湿してくれるクリーミーなテクスチャーなのに、いつまでもメイクしたてのような仕上がりをキープ。汗や皮脂による化粧崩れを防ぎます。肌にのせるとピタッと密着し、お顔全体を立体的に見せてくれます。肌はしっかり保湿したいけど崩れたくない方におすすめです。

     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 01 PINK PETAL

     コントロールカラーで理想の美肌へ近づく♡ 選び方やおすすめをご紹介の画像

    フィルターを肌の上に重ねたかのような仕上がり感が魅力の「THREE(スリー)」のコントロールカラー。肌色を均一に整えるアイテムです。ジェルのようなみずみずしい液を肌にのせると、瞬時になじんで白浮きすることなく、自然なツヤ感を演出。全顔に使用することができ、繊細なパールが入っていているので毛穴や小じわまで目立たなくし、柔らかな赤ちゃんのような肌に仕上げてくれます。見た目も「THREE(スリー)」ならではの洗練されたデザインで魅力的です。

    まとめ

    今回は、肌を均一に整えてくれるコントロールカラーについて、肌悩み別に選び方や特徴などをご紹介しました。肌悩みを解決してくれるコントロールカラーを使って、ベースメイクの仕上がりをもっと美しくグレードアップしてみましょう!