こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~

編集部まい

編集部まい

好きなコスメ雑誌は美的と美ST。パーソナルカラーを受けてからはすっかり虜になっています。肌悩みは乾燥、肌の赤みです。とにかく保湿重視のスキンケアを行なっています!

更新日時: 配信日時:
こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像
目次
  1. 女子の永遠の憧れ!小顔美人になりたい!
    1. ベースメイクのポイントをおさえて小顔を目指しましょう
    2. まずはコントロールカラーで肌色補正して凹凸を作ろう
    3. エチュードハウス フィックス&フィックス トーンアッププライマー ラベンダー
    4. 鼻筋をスッと目立たせる ハイライトを仕込もう
    5. インハート ラスティング ベイクドハイライター 03 シェル
    6. ホリカホリカ ミルキーゼリールミナイザー スイートペコエディション
    7. チークを高い位置にのせて小顔メイクを!
    8. MAKEUP REVOLUTION ブラッシングハート バースティング ウィズ ラブ
    9. ウワサの小顔下地って知ってる?
    10. カリプソ マジックタイトニング
  2. まとめ
    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    もっと顔を小さく見せたい! と思う女子も多いのではないでしょうか? 小さな顔は女子の永遠の憧れでもありますよね。小顔メイクに大切になってくるのは、まずは土台となるベースメイク。メイクで陰影を作り小顔に見せるベースメイク方法とおすすめのコスメを紹介していきます。

    女子の永遠の憧れ!小顔美人になりたい!

    小さな顔は、女の子の憧れ。顔が小さいだけで美人度が増して見えたり、ファッションやヘアスタイル含めたトータルバランスもよく見えますよね。生まれつきの顔の大きさは簡単に変えることができないけれども、メイクで小顔に見せることは可能! いくつかのポイントをおさえるだけで顔が小さく見えるんです。

    ベースメイクのポイントをおさえて小顔を目指しましょう

    ベースメイクのちょっとしたコツとポイントをおさえるだけで簡単に小顔メイクが期待できます。まずはファンデーションの前にコントロールカラーでしっかりと顔のくすみをカバーすることが大切! 顔のくすみをカバーするだけでパッと明るく華やかな顔印象になり小顔効果として仕込みたいチークやハイライトもしっかり映える肌を事前に作っておくことが重要です。そして、顔を立体的に見せてくれるチーク、ハイライトの入れ方も合わせてご紹介していきますね。

    まずはコントロールカラーで肌色補正して凹凸を作ろう

    すっぴんの肌に直接ファンデーションを塗布するのはおすすめできません。ファンデーションを塗布する前にコントロールカラーを使用して肌全体のトーンを均一に整えておきましょう。このひと手間をおこなうだけで、次に乗せるファンデーションの密着度やノリもよくなりますよ。ラベンダー系のコントロールカラーは、顔のくすみをカバーしてくれるのでぜひ使ってみて。

    エチュードハウス フィックス&フィックス トーンアッププライマー ラベンダー

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    SPF33 PA++で紫外線カットをしてくれるエチュードハウスのコントロールカラー。こちらのラベンダーカラーは、黄ぐすみ肌をカバーし肌印象をエレガントな雰囲気に仕上げてくれるアイテム。みずみずしい使い心地で少量でも伸びがよく、乾燥を防いでくれるので、冬の季節にもぴったり。ひと塗りでパッと肌印象が明るくなるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    鼻筋をスッと目立たせる ハイライトを仕込もう

    小顔メイクに欠かせない存在なのがハイライト。ハイライトを入れる入れないのでは雲泥の差があるほど。パウダータイプやクリームタイプなど、お好みのハイライトで肌に立体感を演出しましょう。塗布するところとしては、額から鼻筋、そして唇の山が重要ポイント。スッと通った鼻筋はそれだけでお顔全体にメリハリ感のある印象になります。白浮きせず、自然になじむように少量ずつ付けていきましょう。

    インハート ラスティング ベイクドハイライター 03 シェル

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    こちらのハイライトは、保湿成分であるスクワランが配合されているので、パウダーハイライトにありがちな粉飛びをせずにしっとりとお肌になじんでくれます。乾燥が気になるこの季節にもうれしいアイテムですね。03番のカラーはゴールドがかった肌なじみのいい色みになっており、肌から浮かずに自然になじんでくれますよ。パウダーの粒子がとても細かく、重ねてもギラギラせずに上品な輝きです。

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    ホリカホリカ ミルキーゼリールミナイザー スイートペコエディション

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    ペコちゃんのパッケージがかわいく、ついつい持ち運びたくなるこちらのハイライトはクリームタイプ。パウダータイプは乾燥してしまうかも! という方はこちらを使ってみてはいかがでしょうか? マカダミアシードオイル、ホホバシードオイル、ココナッツ抽出物やヒアルロン酸など保湿成分をたっぷりと贅沢に配合しており、つけるほどにぷりぷりとうるおった肌へ。ミルクカラーのハイライトになっており、指で少量ずつぽんぽんとなじませましょう。ツヤツヤとした立体感を演出し濡れたような輝きが手に入ります。

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    チークを高い位置にのせて小顔メイクを!

    小顔メイクにとって、ハイライトと同じほど重要になってくるのがチークの存在です。チークを入れるポイントとしては、頬より高めの位置で顔の中心に広すぎず少しせまめに入れること。チークの範囲を広げすぎたり、斜めに広く入れてしまうとお顔がより強調されてしまうデメリットもあるので要注意。ブラシをあまり動かさずにポンポンとやわらかく入れていきましょう。

    MAKEUP REVOLUTION ブラッシングハート バースティング ウィズ ラブ

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    ハート型のケースがとにかくかわいい! とパケ買いしてしまう人続出のこちらのチークは、3色がグラデーションしているように入っており、大きめのブラシで3色をぐるっとミックスさせて使うのがおすすめです。ほどよいパール感で顔全体が華やかな印象になり、頬が立体的にツヤツヤうるおって見えます。明るいカラーを単色使いして、ハイライトとして使用することも可能です。

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    ウワサの小顔下地って知ってる?

    小顔下地のマジックタイトニングというものが存在するのをご存じですか? ここぞというときや特別な日などには、こういうアイテムの力を借りるのも手!

    カリプソ マジックタイトニング

    こんなに顔小さかった? っていわせる小顔に見えるメイク術 ~ベースメイク編~の画像

    さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類ありますが、それぞれ香りも違うのでご自身のお好みをチョイスしてみてくださいね。マジックポリマーがお肌を引き締めて肌自体にハリを与えます! ぷるぷるとしたテクスチャーになっており、透明カラーなので上から重ねる化粧下地やファンデーションの色みを邪魔することもありません。メイクをするとキュッと引き締まったような感覚は癖になってしまうほど! 美容液ベースになっているので付けたまま眠れるタイプです。

    まとめ

    小顔に見えるメイクのコツやポイント、そしておすすめコスメをご紹介させていただきました。メイクで憧れの小顔に近づくのは案外簡単! ぜひ明日からのメイクに取り入れてみてくださいね。