おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説

編集部まい

編集部まい

好きなコスメ雑誌は美的と美ST。パーソナルカラーを受けてからはすっかり虜になっています。肌悩みは乾燥、肌の赤みです。とにかく保湿重視のスキンケアを行なっています!

更新日時: 配信日時:
おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像
目次
  1. リップティントって何?危険性はないの?
    1. ティントリップは韓国から始まった「染める」という発想のリップ
    2. 落ちにくいリップとして大人気
    3. リップティントはつける人によって色が違う?
    4. 色素沈着はするの?
    5. リップティント専用のクレンジングでしっかり落とすのがおすすめ
    6. 唇が荒れやすい人には刺激が強いことも
    7. 唇でアレルギーを起こしやすい人は特に要注意
  2. リップティントの種類と塗り方
    1. スティックタイプ
    2. グロスタイプ
    3. ウォータータイプ
    4. マットタイプ
    5. オイルタイプ
    6. バームタイプ
  3. リップティントのクレンジングにおすすめの商品
    1. エチュードハウス 『オールフィニッシュ リップティントリムーバー』
    2. ミシャ 『オールキル ティントオフ』
  4. おすすめのリップティント15選紹介
    1. オペラ 『リップティント N』
    2. キャンメイク 『リップティントシロップ』
    3. リンメル 『ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ』
    4. ディオール 『ディオール アディクト リップ ティント』
    5. ボビィ ブラウン『エクストラ リップ ティント』
    6. セザンヌ 『ラスティンググロスリップ』
    7. ビーアイドル 『つやぷるリップ』
    8. ケイト 『カラーセンサーリップティントN』
    9. ミリアージュ 『ウォーターライジングティント』
    10. バビメロ 『ハートウィンドウリップティント』
    11. ロレアルパリ 『ユイルカレス』
    12. ジルスチュアート 『マイリップス ダズリングティント』
    13. トニモリ 『ピキビキエナメルティント』
    14. エクセル 『リップケアオイル』
    15. ヴァセリン 『モイスチャー ティント』
  5. まとめ
    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    ここ数年で定番アイテムとなったリップティント。すでに何本も持っている!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。通常のリップよりもはるかに色持ちがよく色移りも少ないリップティント。そのリップティントの魅力や選び方、おすすめアイテムをご紹介いたします。

    リップティントって何?危険性はないの?

    ここ数年よく耳にする「ティントリップ」愛用している方も、そもそもティントリップってなに?と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。「ティント」という言葉は染める、色をつけるという意味を持っており、その名の通りティントリップとは唇に塗るというよりも「唇を染める」ようにリップに色付けするコスメのことを言います。もともとの唇の色がその色だったかのような自然な印象を演出しやすく、とても色持ちが良く落ちにくく色移りもしにくい、という特徴があるのがティントリップです。口紅は顔料をメインに作られていますが、リップティントは染料をメインに構成しています。染料の方が顔料よりも粒子が細かくなっているので、唇の皮膚の表面だけでなく凹凸に入り込むので、色持ちがいいというわけなんです。ただ色持ちがいいゆえのデメリットもあり、通常のクレンジングではなかなか落ちなかったりするので色素沈着を防ぐためにもしっかりと専用のクレンジング剤を使用して落とすことをおすすめします。

    ティントリップは韓国から始まった「染める」という発想のリップ

    ティントリップは韓国発祥のコスメになっており、実際韓国に行くとたくさんの種類のものが販売されています。その種類は質感別になっていたりとても豊富!先ほども記載した通り唇に塗るというよりも唇を染めるという発想のリップがティントリップ。じゅんわりと自然に色付け、元々の唇が本当に染まったかのような仕上がりが叶います。

    落ちにくいリップとして大人気

    ティントリップの最大の魅力として、色持ちの良さという点があります。使用している成分が細かくしっかりと唇の凸凹にまで入り込んでくれるためちょっとやそっとでは落ちずにしっかりと美しい色をキープしてくれるので、こまめな塗り直しが必要なくなかなかお化粧直しができない時などにも大活躍してくれそうです。

    リップティントはつける人によって色が違う?

    リップティントは様々な種類がありますが、その種類のひとつとして、つける人によっ色が変わるものも存在します。そういったつける人によって色が変わるリップは、
    その人それぞれの唇の水分量やph、そして体温が関係していて、一人一人の唇の状態によって色味が変わります。

    色素沈着はするの?

    リップティントは、とても色持ちが良く落ちにくいというメリットがありながらその反面でクレンジングの際になかなか落ちずに大変という声もよく聞きますね。毎日など頻繁な頻度でリップティントを使用し、完全に落としきれないまま過ごしていくと色素沈着してしまう可能性もあります。それを防ぐためには、専用のクレンジング剤やリムーバーを使用しリップティントを使用した際はしっかりと落としきることが大切になってきます。

    リップティント専用のクレンジングでしっかり落とすのがおすすめ

    先ほども記載した通り、リップティントを使用した際は通常のクレンジングではなく専用のものを使用してしっかりとクレンジングすることがとても大切です。今は、リップティント専用のクレンジング剤もさまざまなメーカーから販売しているので色素沈着が気になる方はぜひ取り入れてみてくださいね。

    唇が荒れやすい人には刺激が強いことも

    唇がもともと荒れやすい方には、刺激になってしまうこともしばしば。リップティントに使用されている染料は唇へ負担がかかり、乾燥しやすくなってしまったり唇の皮が向けてガサガサになったり、シワや割れになったりする事がある場合もあります。リップティントを使用する際はしっかりと唇の保湿を行ってから使用しましょう。

    唇でアレルギーを起こしやすい人は特に要注意

    リップティントに使用している染料は、アレルギーを起こしやすいと言われています。特に「タール色素」 はアレルギーを起こしやすい成分ですので、もしリップティントを使用して水疱やかゆみなどが出た場合は使用をやめてくださいね。アレルギーを起こしやすい人は使用する際に注意が必要です。

    リップティントの種類と塗り方

    一言でリップティントと言っても、その種類は様々です。大きく分けてスティックタイプ、グロスタイプ、ウォータータイプ、マットタイプ、オイルタイプ、バームタイプなどがありますが今回はその違いについてもご説明いたします。

    スティックタイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    スティックタイプはその名の通りスティックタイプの形状になっているものとなります。通常の口紅と形状が似ているのでリップティント初心者の方でも抵抗なく使用していただきやすいものになっています。片手でスルスルと唇の上を滑らせるように塗ることができるのでとっても使いやすく、外でお直しをする際も楽チンなのが嬉しいところ。

    グロスタイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    グロスタイプのリップティントは、しっかりと色をつけたいけどもツヤ感もほしい!という方にオススメです。色とツヤ感が同時に叶うのでリップグロスを使用せずに1本で潤んだ唇へと導いてくれますよ。アプリケーターはチップになっていることが多いので、唇にぽんぽんと点置きしてからで馴染ませていくのが上手につけるコツです。

    ウォータータイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    サラサラのテクスチャーで軽いつけ心地なウォータータイプのリップティントは、重いテクスチャーが苦手な方にもオススメです。サラサラしているためグラデーションも作りやすく指でぽんぽんと馴染ませながら色調整してみてください。ウォータータイプのティントリップは、他のタイプに比べると少し乾燥しやすいものが多いため、使用する前にはしっかりと保湿をしましょう。

    マットタイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    リップティントの中でも高い人気を誇るマットタイプ。ここ数年マットリップが流行していることからマット質感のリップティントも話題となっています。マットタイプは唇を染め上げたかのようサラサラな仕上がりになるので、事前に保湿も必須です。マットの質感を損なわないようにうっすらリップクリームなどで保湿をしてから使用しましょう。

    オイルタイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    保湿力も兼ね備えたリップティントがオイルタイプ。リップティントは乾燥しやすそうという方や冬の乾燥しやすい時期にはこちらのオイルタイプがオススメですよ。オイルタイプのものは唇にスルスルと塗ることができ、伸びもいいものが多いので付属のアプリケーターを直接塗布して塗ることができます。

    バームタイプ

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    バームタイプのティントリップは、保湿効果が高いものが多いのでオイルタイプ同様に乾燥が気になる方や乾燥する時期などにもおすすめしたいアイテムです。じゅんわりと優しく色付けてくれるので、ナチュラルメイク派の方にもぴったり。

    リップティントのクレンジングにおすすめの商品

    通常のクレンジング剤ではなかなか落ちないリップティント。今回は専用のクレンジング剤の中でもおすすめな商品をご紹介いたします。

    エチュードハウス 『オールフィニッシュ リップティントリムーバー』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    リップティントを落とすならこれ!というファンを多数持つエチュードハウスのリムーバー。シアバターなどの保湿成分が配合されているので落とした後も唇がしっとり。とろりとしたジェル状のテクスチャーになっており、唇に染みこんだティントの色素をじゅんわりと溶かして綺麗さっぱり落としてくれます。こちらを使用するとどんなリップも綺麗に落ちる!という口コミも多数あるほど大人気。

    商品を見に行く

    ミシャ 『オールキル ティントオフ』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    こちらも韓国ブランドのミシャから販売されているリムーバーです。マンゴーオイル、アボカドオイルなどの天然由来成分配合で、クレンジング後も唇に潤いを与えてくれます◎ 水のようなさらっとしたテクスチャーで、べたべたしたりぬるぬるが残る感じもなくお湯でさっと流れます。ふわっと心地よい爽やかなフルーツの香りです。

    商品を見に行く

    おすすめのリップティント15選紹介

    ちまたに溢れているリップティント、挑戦したいけどどれがオススメなのかわからない!という方のために今回はNOINが特におすすめするリップティントを集めてみました。

    オペラ 『リップティント N』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    スティックタイプのリップティントの中でもダントツの人気を誇るオペラのアイテム。色違いで何本も購入しているという方が多数いるほど根強いファンを多く持つこちらは、乾燥とは無縁というほどにしっとり潤ってスルスルと唇の上をすべるようになめらかに塗布し、自然に色付けてくれるところが魅力。まるでリップクリームを塗っているかのような塗り心地で適度なツヤ感も演出してくれますよ。

    キャンメイク 『リップティントシロップ』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    コンパクトな見た目も可愛いキャンメイクのリップティントシロップは、そのネーミングの通りシロップのような使い心地。ぷるんと潤うのにベタつかないシロップみたいな感触になっており、時間が経過すると共に発色が鮮やかになるタイプのリップティント。SPF15 PA+なので紫外線から唇を守ってくれる効果も期待できますよ。

    リンメル 『ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    シアバターや、バー人ココナッツオイル、アルガンオイルなどを含む6種類の植物オイルを配合したこちらのオイルタイプのティントリップは、たっぷり保湿成分を含んでいるため乾燥せずにつるんと潤うリップをキープできるアイテムです。スティックタイプで塗りやすくとろりとなめらかに唇に塗布することができますよ。ふっくらと立体的なリップに仕上がり美しく唇を染め上げてくれます。

    ディオール 『ディオール アディクト リップ ティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    パッケージにも高級感があり、ついつい持ち運びたくなってしまうDiorのリップティント。まるでタトゥーのような唇を染め上げた仕上がりで持ちがいいのが魅力。アプリケーターはチップになっており、唇に点置きし指でトントンと馴染ませていく使用方法がおすすめです。少し乾燥が気になるという愛用者もいらっしゃるので使用前にはリップクリームなどでしっかり保湿しましょう。

    ボビィ ブラウン『エクストラ リップ ティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    オリーブオイル配合により、しっとりもっちりと潤うこちらのエクストラリップティントは、とろけるバームのような質感で、唇の上をなめらかにのびるような使用感がポイントです。じゅわっと唇にとろけ、色づき、乾燥や気になる縦じわのケアも同時にしてくれるのが嬉しいところ。べったりと色づかずほんのりとナチュラルに色づくので、普段使いにも最適。リップクリームやリップ下地としても使用することができる万能アイテムです。

    セザンヌ 『ラスティンググロスリップ』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    こちらはスティックタイプの形状になっているセザンヌのリップティント。するするとクリーミーに塗布することができ、シアバター、オリーブ油、ホホバ油という植物オイルをたっぷりと配合しているので、しっかりと唇の潤いをキープしてくれますよ。無香料で使いやすく、香りものが苦手な方にもおすすめなリップティントです。ほどよいツヤ感があり、みずみずしい唇へと導いてくれます。

    ビーアイドル 『つやぷるリップ』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    NMB48でYoutuberとしても活躍する吉田朱里さんプロデュースのこちらのビーアイドルつやぷるリップは、SNSなどでも話題の大人気商品高保湿・ボリュームアップ・高発色を叶えたスティックタイプのリップティントになっておりバームのようなやわらかな使い心地でシアーでぷるっと潤うような仕上がり。しっかりと保湿効果もあるので、この1本でリップメイクが完成します。

    商品を見に行く

    ケイト 『カラーセンサーリップティントN』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    こちらは、2種類の質感がありみずみずしくじゅんわりと色づくオイルティント、ベルベットのような質感で色づくマットティントから選ぶことができるリップティントです。ツヤ感がお好みの方にはオイルタイプを、サラサラ感がお好みの方にはマットタイプを選んでみて。自分自身の唇の水分に反応し、自分だけの色に変化してくれるのもおもしろいところ。きちんと自分に似合うカラーになってくれるので安心して使用することができます。

    ミリアージュ 『ウォーターライジングティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    すりガラスのようなパッケージも可愛いミリアージュのウォーターライジングティントは、韓国発祥のコスメです。こちらはウォータータイプのリップティントになっており、その使い心地はサラサラ!さらりとした使用感で、ぴったりと唇にカラーが密着し長時間キープ。全くベタつかない使用感なのでベタベタするリップが苦手な方にもおすすめ。ジューシーなフルーツのようなおいしそうな唇へと導いてくれます。

    商品を見に行く

    バビメロ 『ハートウィンドウリップティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    こちらも韓国発祥のコスメブランド、バビメロから販売されているリップティントです。スタイリッシュなパッケージで、アプリケーターはチップタイプになっており、唇にぽんぽんと置き指でトントンと伸ばし広げ馴染ませていきます。じゅんわりと唇を染め上げたかのような仕上がりで、しっかりボリュームもアップ!5種類のオイルを配合しているため、かさつかず潤んだ唇が続きます。

    ロレアルパリ 『ユイルカレス』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    オイルを約90%配合しているこちらのリップティントは、たっぷりオイル配合のため乾燥が気になる方にも安心してお使いいただけます。さらりとしたテクスチャーになっており、軽やかでベタつきにくく、オイルのなめらかな質感で唇の表面をつるんっとコーティングしたような仕上がりになり、唇を美しく色付けてくれます。リップティントは乾燥しそうだからなかなか挑戦できないという方はぜひこちらがオススメ。

    商品を見に行く

    ジルスチュアート 『マイリップス ダズリングティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    さすがジルスチュアートといった可愛らしい女子心をくすぐるパッケージは、塗り直す時にもテンションが上がりそうですよね。それぞれの唇の水分に反応してスティックの色が、変化するタイプのリップになっておりスティックタイプなので塗りやすいのも嬉しい。とにかくカラーもパッケージも可愛い!という口コミも多く、みずみずしくうるおって、なめらかな膜を唇に張ったかのような仕上がりで乾燥からも守ります。

    トニモリ 『ピキビキエナメルティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    パッケージがポップでキャッチーで可愛いトニモリのリップティントは、まるでお菓子?アイスクリーム?のようなキュートな容器が魅力。ザクロエキスやアセロラエキスなどを配合し、保湿効果もしっかりあるのも嬉しいですね。ひと塗りでしっかりと美しく発色し、唇がふっくらとボリュームアップ!エナメルのようなツヤツヤとした質感になっており、色づきとツヤ感同時に叶うアイテム。

    商品を見に行く

    エクセル 『リップケアオイル』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    7種類の天然由来成分のオイルが配合されているので、唇を色付けるだけではなく色付けながらもしっかりとリップケアしてくれる優秀アイテムがこちらエクセルリップケアオイル。唇のpHに反応して色づくタイプになっているので、時間が経つにつれて自分だけの色に変化。クリアな発色でシアーな使用感になっているのでお手持ちのリップに重ねる使用方法もオススメですよ。

    ヴァセリン 『モイスチャー ティント』

    おすすめのリップティント15選紹介!安全性や選び方についても徹底解説の画像

    アルガンオイル、グレープシードオイル、ラズベリーエキスを配合したこちらのリップはヴァセリンから販売しているというだけでその保湿効果は期待できますよね。なめらかに伸びてベタベタせずに、クリーミーでとろけるような使用感は一度使うと癖になってしまうかも!?唇に潤いをもたらしながらもしっかりと色付けてくれるのでデイリーメイクにぴったりです。

    まとめ

    話題のティントリップの魅力、そしておすすめアイテムをご紹介させていただきましたがいかがでしたか?すでにティントリップを愛用している方も、これから挑戦したいという方にもの方にも参考になれば嬉しいです。しっかり色づきながらキープ力もあるリップティント。ぜひ毎日のメイクに取り入れてみてくださいね。