アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
ヘッダーバナー

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介!

by:編集部はるな
更新日時:
配信日時:
アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像
アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

目をぱっちり見せるために欠かせないアイライン。今回は、そんなアイライナーの引き方を徹底解説していきます! 一重・奥二重・二重などの目の形別やリキッド、ペンシルアイライナーの種類別、そしてなりたい目を叶えるアイラインの引き方を詳しくお伝えしていきますよ。初心者さんでも簡単! おすすめのアイテムもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

【基本編】初心者でも簡単!アイラインの引き方

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

STEP1. 黒目の端から描き始める。
STEP2. まつげの生え際に沿って目尻まで描く。
STEP3. 目尻から少しだけはみ出るようにアイラインを引く。

基本の引き方をマスターすることで、自由自在に目元の印象を変えることができますよ♡
また、軽くまぶたを引っ張りながら描くとなめらかに描くことができます。アイラインがガタガタになってしまうかもと不安な方は目の上全体に引くのではなく、目尻3~5ミリほど描くのがベスト!

【一重・奥二重・二重】目の形別アイラインの引き方

一重、奥二重、二重などの目の形に合わせたアイラインの引き方を徹底伝授!
自分の目にはどんな引き方があっているのかチェックしてみてくださいね。

目尻だけでも◎ 一重の人におすすめのアイラインの引き方

重くて腫れぼったいまぶたの一重さんは、アイラインをせっかく引いても見えにくくなってしまうことも。アイメイクを諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか? 引き方のポイントさえ抑えれば、一重を活かしながらすっきり、ぱっちりとした目元に近づけますよ。

目尻の見える部分にだけアイラインを引く

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

まぶたが重ための一重さんは、アイラインを目尻にだけちょこんと引くのがおすすめ◎ 失敗することも少なくなり、時短にも繋がりますよ。目を開いた状態で鏡を見て、目尻の延長線上に数ミリ書き足すイメージで引いてあげましょう。ナチュラルメイク派さんも試してみてくださいね!

目尻を長めにまつげとまつげの間を埋めるようにアイラインを引く

まぶたが重なって目のキワのアイラインが隠れがちな一重さんは、目を開けたときに見える部分で、目元の印象を強調させます。目尻に向かってラインを長めに引くと◎ 目尻よりも少しオーバーめに細く描いていきましょう。少し跳ね上げるのもよさそう。ラインを引いたらまつ毛の間を埋めるようにインラインを引いて完成です。このときに指でまぶたを持ち上げながらだと描きやすいですよ。

太いアイラインを全体に入れるのはNG

まぶたで見えなくなってしまうからといって、全体にがっつり太いラインを引くのはやめましょう。ケバく見えてしまったり、逆に目を小粒に見せてしまいます。太く描きたいときは、目尻にだけプラス。目のキワは細く自然なラインを心がけましょう。ヨレやすい目の形のタイプなので、ウォータープルーフ処方がしてあるものがおすすめです!

ビューラーでまつげと瞼を持ち上げてからアイラインを入れるとさらにデカ目に

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

ビューラーを使ってまつ毛を根本からしっかり持ち上げると、まぶたも一緒に持ち上がりやすくなり、さらにデカ目効果が狙えそう。使うタイミングはアイラインを引く前。アイラインを仕上げた後に使うと、せっかくきれいに引けたラインが崩れてしまうので注意です! まつ毛が上がっていることでまつ毛の隙間のラインが描きやすくなりますよ。

奥二重の人におすすめのアイラインの引き方

奥二重の方は、目を開けた状態で見える目尻側を強調するアイメイクがぴったり。にじんみやすかったりパンダ目になりがちな目のタイプなので、速乾性のものを使うとよりうまく仕上げられそうです!

目尻の瞼がかぶさっていない部分にのみ引くと崩れない

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

目のキワのラインはあえて引かずに、目尻側のまぶたが重ならない部分にだけラインを描きましょう。太く全体にラインを引いてしまうと、せっかくの二重の幅を隠してしまい、目を小さくめせてしまうことも。目尻側に目の1/2程度のラインを出すだけなので、初心者さんでも簡単です! まぶたの油分を綿棒やティッシュでオフしてから描くことで、その仕上がりが長持ちしますよ。

目尻を長めにアイラインを引くことでデカ目に

目尻の延長線上に約3mm長くするようなイメージでラインを引くと、目の横幅を自然に大きく見せてくれます。存在感のある目元が完成しますよ。もっとぱっちりとさせたい方は、下まぶたにも軽くラインを入れるとより目の印象がアップしそうです。

二重の人におすすめのアイラインの引き方

アイラインがしっかり見える分、丁寧に引かないとラインが浮いてしまったりガタつきが目立ってしまうなんてことも。濃すぎるアイメイクにならないよう、きれいな二重幅を活かして繊細なラインを引くのがポイントです!

目頭から目尻まで細く目のカーブに沿ってアイラインを引く

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

目の形に沿ってアイラインを引いていきます。ぺったりと塗ってしまうと、抜け感が失われてキツイ印象にも。ソフトな質感のアイライナーを使って細く丁寧に描いていきましょう。グレー系やブラウン系のカラーもおすすめですよ。

まつげの間と粘膜をアイラインで埋める

二重さんは、まつ毛の生え際がしっかり見える方も多いはず。粘膜をしっかりと埋めないとラインが浮いて見えて不自然な仕上がりに。下側からペンを持っていくイメージで、少しずつまつ毛の隙間にラインを入れていきましょう。まぶたを軽く持ち上げるとより見やすくなり、きれいに埋めることができます。

韓国メイク風? タレ目? なりたい目別アイラインの引き方

アイラインの引き方によって、仕上がりの目の印象が大きく左右されるのはご存知ですか? 目のコンプレックスがある方もアイラインで解決するかも!タレ目や猫目にも近づけて、さらにアイメイクが楽しくなりそうですよね♡ 知っているだけでメイクの幅がぐっと広がりますよ。その詳しいやり方を見ていきましょう!

タレ目に見せたいときは目尻のラインを目の延長線に沿って下げて長めに引く

みんなが1度は憧れるキュートなタレ目もアイラインでつくれます! 目尻を中心に目のキワにラインを引いたら、目のカーブに沿うように目尻に向かってラインを下げるように描きましょう。下げすぎてアイラインが浮かないように、全体のバランスを見ながら少しずつ引いていくのがおすすめ。下まぶたの目尻側1/3程度に薄くラインを引いてぼかすと、よりタレ目に近づけます!

韓国アイドル風に仕上げたい時のアイラインの引き方

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

アイラインを目頭から引くのではなく、黒目の上から引き始めるのがポイント。目尻の延長ラインにナチュラルにアイラインを引いてあげます。瞳の形がきれいに見えますよ。薄いブラウンやカラーアイライナーで、ダブルラインを取り入れるのもおすすめです!

目が離れているのがコンプレックスの方は目頭切開ラインがおすすめ

目と目の感覚を狭く見せたい方は、目頭の部分にラインを足すとお顔の印象を変えてくれます。リキッドアイライナーを使って、目頭に切り込みを入れるように切開ラインを描きましょう。水分や油分で崩れやすい部分なので、綿棒などで抑えるかフェースパウダーを重ねてから描くのがおすすめです! 離れ目を近づけて見せてくれますよ。

目が寄っている方は目尻に長めにアイラインを引くのがおすすめ

目が近いのがコンプレックスに感じる、という方は目尻の延長線上にいつもより少し長めにラインを入れてみて。3mm程度オーバーラインを長く引きましょう。横幅が長く見えることで、顔全体のバランスが整います。長く描きすぎると不自然な仕上がりになってしまうので、目を開けながら確認して描いていきましょう!

目頭と目尻に長めにアイラインを引くことで目の大きさが倍増

もっと目力を強くしたい方は、目頭と目尻両方のラインを長めに引くことで、目を大きく見せることができます。ただやりすぎ感が出てしまわないように、ペンシルタイプを使ったりぼかしたりして仕上がりを調節しましょう。特別な日のメイクやパーティーシーンでも目立つ主役級の目元が完成します!

目尻にくの字にアイラインを引くと縦も横も目が大きく見える

まんまるのぱっちりとした目元を手に入れたいときは、上まぶたとしたまぶたの目尻に、くの字でアイラインを引きましょう。三角ラインを作ることで、縦にも横にも目を大きく見せてくれますよ。目尻の延長線上に目のキワから5mmほどラインをのばし、目尻のくぼみを埋めるように折り返します。奥行きのある印象的な雰囲気に仕上がります!

タレ目に見せたいときは目尻のラインを目の延長線に沿って下げて長めに引く

みんなが1度は憧れるキュートなタレ目もアイラインでつくれます! 目尻を中心に目のキワにラインを引いたら、目のカーブに沿うように目尻に向かってラインを下げるように描きましょう。下げすぎてアイラインが浮かないように、全体のバランスを見ながら少しずつ引いていくのがおすすめ。下まぶたの目尻側1/3程度に薄くラインを引いてぼかすと、よりタレ目に近づけます!

猫目に見せたいなら少し跳ね上げた目尻のアイラインでキュートに仕上がる

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

猫目メイクはぴょんと跳ね上げたラインがかわいいですよね! まつげのすき間を埋めるように目のキワのラインを引いたら、黒目の上から目尻に向かってラインを少しずつ太くしていきましょう。そして目尻から5mm程度斜め上に向かってラインを跳ね上げるように描きます。下まぶたの輪郭の延長線上に跳ね上げラインがくると自然なキャットラインに。小悪魔風の目元が完成しますよ♡

種類別のおすすめアイライナーを紹介

今回はジェル、ペンシル、リキッドの3種類のアイライナーのおすすめを3つずつ紹介していきます。それぞれ魅力的なアイテムなので、NOIN編集部の推しアイライナーを是非参考にしてみてくださいね。

ジェルアイライナーのおすすめ3選

引きやすいと人気のジェルアイライナー。滑らかな描き心地でジェルライナーを手放すことができないと言う人も多いんです。初心者にも人気なアイテムをご紹介していきます!

キャンメイク クリーミータッチライナー

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

1.5ミリの超極細芯でまつげの隙間を埋めやすく、濃密な発色が目力アップを叶えます。繰り出しタイプなので使いやすくプチプラ価格もうれしい♡ すごく柔らかい芯なので少しづつ調整しながら芯を出して使うことをおすすめします。ラインが乾いて密着すると落ちにくくきれいなアイラインが長続きします。

インテグレート スナイプジェルライナー

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

リキッドジェルでできた約2ミリの極細ペンシルが、肌に触れるととろけるように馴染んで簡単にきれいなアイラインを引くことができます。まつげの生え際の埋め込みや跳ね上げラインなど、繊細なアプローチも自由自在! アイラインが落ちにくいのも特徴で10時間の仕上がり持続テスト済みだそう。(資生堂調べ・効果には個人差があります)

デジャヴュ 密着アイライナー ラスティンファイン クリームペンシル

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

1.5ミリ×3ミリの楕円芯を採用しているので極細ラインも太めのラインも自由自在に作ることができます。肌当たりが優しく、なめらかな描きごこちのルースピグメント処方の芯を採用し、スラスラと突っかかりなく書くことができます。密着成分が描いたラインをコートしてくれるので汗や皮脂にも強く、にじみにくいのでデイリー使いにも♡

ペンシルアイライナーのおすすめ3選

そんなペンシルアイライナーのイチオシアイテムをご紹介いたします! 描き心地がいいのはもちろん、色々なメイクが楽しめそうなアイテムばかりですよ♡

キャンメイク アイライナーペンシル

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

キャンメイクから発売されているこちらのアイライナーペンシルは買いやすい価格帯も魅力の一つ。ペンシルアイライナー初心者の方でも手に取りやすいですよね。先端が2mmと細めの芯でまつげとまつげの隙間も埋めやすいです。繰り出し式なので削る手間がいらないところもうれしいポイント。

エクセル カラーラスティングジェルライナー CG01 ブラック

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

極細2mm芯で思うがままのラインを描くことができるエクセルのペンシルアイライナー。保湿成分であるセンブリエキスやヒアルロン酸を配合しているので、とろけるようなやわらかな使用感です。ペンシルアイライナーは太めに仕上がるものが多いなか、こちらは細いラインも簡単に描くことができます。

マジョリカマジョルカ ジュエリングペンシル BK999 原石

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

マジョリカマジョルカらしいパッケージデザインがかわいいアイライナー。買いやすい価格もうれしいですね。ジュエリングペンシルというネーミング通り、宝石のようにキラキラしたラメが入っています。粘膜にするすると描くだけでラメが瞳に反射し、うるんだような瞳を演出することができます。

リキッドアイライナーのおすすめ3選

目元をくっきりした印象にしてくれるリキッドアイライナー。目の印象を強調したい方にとっては欠かせないアイテムです。

メイベリン ハイパーシャープ ライナー R

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

超極細の0.01mmの筆先になっており、極細ラインが簡単に描けると話題のリキッドアイライナー。「もうこれ以外使えない!」という口コミも多数あるほどファンが多いアイテムで、筆にしっかりコシがあるため描いている際も安定感があり、描きたいラインがブレません。濃すぎない発色でナチュラルな仕上がり。まつげのキワや目尻のラインもこれひとつで思うがまま!

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

とにかく落ちないと絶賛されているヒロインメイクのスムースリキッドアイライナースーパーキープ。日本人だけではなく観光客もこちらをこぞって買っていくほど人気なのだとか!描きたての美しいラインを長時間キープしてくれるのに、落とす時はお湯で落ちてくれるというなんとも嬉しい処方。細いラインもしっかり描くことができ、描いたあとに瞬時に乾くのでメイク中に滲んだりすることもありません

D-UP シルキーリキッドアイライナーWP

アイラインの引き方を伝授!一重や二重など目の形別コツをご紹介! の画像

0.1mmのコシのある筆先で、するっと思い通りのラインが描けるこちらのリキッドアイライナー。ヒアルロン酸などの5種類の美容液成分を配合していることによりメイクしながら目元周りをケアしてくれるのもありがたい。色素沈着しない顔料を使用しているため、クレンジングしても色が残らずお湯でオフできるのも魅力です。描いた瞬間に速乾!滲まずお直しいらずで朝から夜まで綺麗なラインを保つことができますよ。

【リキッド・ペンシル・ジェル】種類別アイラインの引き方

ペンシルアイライナーでのアイラインの引き方

ペンシルアイライナーは、鉛筆の形のものと繰り出して使うタイプのものがあります。やわらかいテクスチャーの芯でなめらかな描き心地。するするとラインを引くことができますよ。肌になじむ仕上がりで、自然に印象的な目元が叶います。初心者さんやアイラインが苦手という方に使っていただきたいアイテムです!

まぶたを持ち上げてまつげの間を埋める

まつ毛とまつ毛のすき間を埋めていくようにラインを引いていきましょう。まぶたを上に引っ張っると◎ まつ毛の生え際がよく見えるようになるので、描きやすくなります。また斜め下に鏡を持ってくるとさらにやりやすいですよ。それでもうまくラインが引けない! という方は、点を打つように描いてから、それをつなげるようにラインを取ると簡単にきれいな仕上がりに近づきます。

目のキワに沿って小刻みに動かしてアイラインを引こう

一気に目尻まで引こうとするとなかなかうまくいかないことも。何度かに分けながら、目のキワに沿ってラインをずらしながら描いていきましょう。少しずつ描いていくことで失敗が少なくなり、繊細なアイラインが完成できますよ。もし失敗してしまっても、ぼかせるのがペンシルアイライナーの魅力。綿棒を使ってささっと馴染ませると、ナチュラルにぱっちりとした目元を演出してくれます

リキッドアイライナーでのアイラインの引き方

インクペンのようなつくりのリキッドアイライナーは、くっきりとシャープに見せたいときにおすすめです。細いペン先を使って、太いラインや繊細な跳ね上げなど、思い思いの目元が完成できちゃいます! 落ちにくいものが多いのも特徴。ラインを描くことに慣れてきて様々なニュアンスに挑戦したい方は、リキッドタイプを使ってみましょう。その中にも筆タイプのものやフェルトペンタイプのものなど数々の種類が展開されているので、自分に合った描きやすいものを探してみてくださいね。

筆を目のカーブに沿って寝かせて引くとブレにくく描きやすい

リキッドの場合は、目頭から目尻までスーッとラインを一気に引いた方が美しいラインに仕上がります。筆を寝かせて使うと描きやすさアップ! そして描くときは目を開けながらラインを引いていきましょう。目を開けた状態でラインが見えていると、よりはっきりとした目元になりますよ。「目を開けていると描きにくい」「一気に引くとガタつく」という場合は、黒目の上から目尻、目頭から中央につなげるというように2段階に分け、ラインを引いた後に1回1回目を開けて確認するようにしてみてくださいね。

細くアイラインを引いたらまつげの間を埋める

アイラインを目のカーブに合わせて引いたら、まつ毛の間を埋めていきましょう。まつ毛が生えている部分より目のキワの粘膜部分にインサイドラインを入れると、さらに目を際立たせることができます。筆の先端を使って、横にすべらせながら丁寧に描いていきます。初めは少し難しいかもしれませんが、この工程をプラスすることで仕上がりがぐっとよくなりますよ◎ 斜め下に目線を置きながらだとラインが引きやすくなります!

ジェルアイライナーでのアイラインの引き方

ジェルライナーは比較的芯が柔らかく、スルスルとアイラインを引けるものが多いです。あまり圧をかけず優しくなぞるだけで、アイラインが引けるのでメイク初心者の方にも扱いやすいはず。ラインがよれたりはみ出したりしても、完全に乾く前なら修正もしやすく◎。

まつ毛の間を埋める

でか目効果を自然にアップさせるのにはまつ毛の密集感を高めるのがおすすめ。自然で上品な印象にしてくれます。丁寧に少しずつ点を繋げるように描いていくと失敗しにくいですよ♡

目尻から少しはみ出して自然な目元に

自然な印象を保ちながら目を大きく見せたいのなら少しだけ目尻からはみ出すように描くと◎。抜け感のあるナチュラル顔になれます。ジェルにはカラーアイライナーも豊富に種類が出ているので、ニュアンスチェンジを楽しむことができます。

まとめ

メイクの中でも特に難しいと感じる方も多いアイラインですが、やり方のコツや自分にぴったりの方法をマスターして美しい目元を手に入れましょう! 慣れてくればどんなラインもきっとうまく描けるはずです◎ その日の気分やシーンに合わせて色々なアイラインに挑戦してみるのも楽しそう。ぜひまずは実践してみてくださいね!

このページをシェアする
Twitterで共有 Facebookで共有 LINEで共有

人気レビューランキング