アプリで開く

アプリでもっと便利に!

NOIN

初めてのお買い物が超お得

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説

編集部まい

編集部まい

乾燥肌 / 色白

好きなコスメ雑誌は美的と美ST。パーソナルカラーを受けてからはすっかり虜になっています。肌悩みは乾燥、肌の赤みです。とにかく保湿重視のスキンケアを行なっています!

配信日時:
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

暑い季節は、メイク崩れが気になりメイク直しをする機会も多くなるという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなメイク直しのときに役立つメイクポーチの中身のおすすめアイテムを含め、メイクポーチの選び方などをご紹介いたしますね。

メイクポーチの選び方

まずはじめに、メイクポーチの選び方をご紹介いたします。メイクポーチは、ご自身が持ち歩きたいものが一番ですが、使い勝手の良さも大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

サイズ

メイクポーチを選ぶ際にサイズ感はとても重要です。フルメイクが入るような大きさがいいのか、ちょっとしたお直しに使用するコスメだけを収納できるものでいいのか。普段使用するバッグの大きさはどれくらいの大きさなのかなど、自分のスタイルに合わせて選びましょう。

収納しやすさ

収納しやすさもメイクポーチを選ぶ際に重要なポイントです。中身がごちゃごちゃになって何が入っているのか把握しづらいものよりも、すっきりとまとまるものがいいですね。仕切りやブラシ入れがあったり収納しやすいものだと使いやすくておすすめですよ。

素材

素材は、さまざまなタイプのものがありますが洗えるナイロンタイプだと汚れても気にせず洗うことができるのでとても便利です。メイクポーチは、ファンデーションやリップや粉ものがついてしまって気づけば汚れていたりするので、洗える素材を選ぶと良いですね。

デザイン

デザインはご自身のお好きなものを選ぶとメイクポーチを取り出すたびにテンションが上がりますよね。柄物だったり無地のシンプルなものだったり、自分のラッキーカラーなどお好みのものをチョイスしてみてくださいね。

お出かけ時に参考にしたいメイクポーチのおすすめの中身

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

続いては、お出かけの時に参考にしたいメイクポーチに入れておきたい中身のコスメをご紹介いたします。何を入れておこう?と悩んだときの参考にしてみてくださいね。

リップクリーム

忘れたくないものとして必ず入れておきたいのがリップクリームです。気づけば乾燥してしまう唇のケアとして常備しておきたいですね。こまめに塗り直して常にうるおったリップを保ちましょう。リップクリームは油分を含んでいるので綿棒に含ませて、アイメイクのヨレなどをオフしたり整えたりすることもできるのでとても便利ですよ。

リップ

メイク直しで一番気になるところと言っても過言ではないリップメイク。なにか食べたり飲んだり、喋ったりするだけで落ちやすいリップ。美しい状態を保つためにもその日に塗っているリップを持ち歩くようにするといいですね。

お直し用ファンデーション

皮脂や汗などでテカってしまい、ベースメイクがヨレてしまうこともしばしば。そんな時のために、お直し用のファンデーションを持ち歩いておくと美しい美肌をキープすることができます。お直し用には、パウダータイプのファンデーションが特におすすめです。鏡がついているタイプも多いのでお直しもしやすく、テカリを抑えてナチュラルなさらさら肌を復活させることができます。

アイライナー

長時間の外出の際に、夕方になったらアイライナーが滲んでしまっているという悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。アイライナーが滲んでしまうと目全体がぼやけた印象になってしまいがちです。ペンシルやリキッドなど、ご自身が使用しているアイライナーをポーチに入れておくと安心です。

アイシャドウ

目元の明るさや奥行きや、立体感を演出するのに欠かすことのできないアイシャドウ。アイシャドウもポーチに入れておくと、まるでメイクしたてのような洗練されたような目元を再度演出することができますよ。パレットを持ち歩くのは重くてかさばるという方は使いやすいベージュ系などの単色アイシャドウをひとつ持ち歩くのもハイライト代わりにも使えてとても便利です。

あぶらとり紙

汗をかきやすい季節などは忘れたくないあぶらとり紙。汗や皮脂でファンデーションが浮いてしまった箇所に再度そのままファンデーションを塗ると美しい仕上がりになりづらいので、一度あぶらとり紙で余分な皮脂などをオフすることが大切です。

綿棒

綿棒は何本か入れておくと、アイメイクのヨレを整える際やオフする際、リップの口角のラインを整えたりするのにとても便利なアイテムなのでポーチの中に常に何本か入れておきたいですね。

【プチプラ】おすすめのメイクポーチに入れるべきアイテム

続いては、NOIN編集部がおすすめするメイクポーチに入れるべきアイテムをご紹介いたします。プチプラやデパコス、韓国コスメに分けてご紹介いたしますね。まずはじめにプチプラのおすすめコスメを一挙公開!

フジコ フジコあぶらとりモバイル

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

こちらは、ウォータリータイプのあぶらとり紙です。液体状になっているテクスチャーをテカリや皮脂などが気になる部分にトントンと置き、指でなじませます。軽く叩くようになじませると、余分な皮脂を吸着しサラサラな仕上がりに。5種類の保湿成分が配合されているので、カサカサ乾燥することなくうるおいはキープしてくれるのもうれしいですね。

フジコ ミニウォータリールージュ

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

とても軽くコンパクトなサイズ感なので持ち運びにぴったりなフジコのミニウォータリールージュ。このサイズ感だと小さなポーチにもすんなり入れることができますよ。透けるようなクリアな発色と軽いつけ心地で、唇に自然なツヤ感をプラスしてくれます。するするとなめらかに塗りやすいのもうれしいですね。

キャンメイク メイクミーハッピー ソリッドパフューム

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

保湿バームから作られているキャンメイクの練り香水。ポーチの中にしのばせておくと、リフレッシュしたいときやデートの直前などにササッと香らせたい箇所に塗ればOKです。白い花たちをイメージしたやさしく女性らしい香りで、ふんわり香ります。保湿バームから作られているのでしっとりとした使用感で乾燥することもありません。

キャンメイク シークレットビューティーパウダー

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

まるでマシュマロのようなふわふわ肌を演出してくれるキャンメイクのシークレットビューティーパウダー。ミラーとパフが付いているのでお化粧直しにも最適です。付属のパフのふんわりとしているので肌当たりがよく、厚塗りにならず自然な仕上がりが叶います。24時間つけることができるクリアパウダーなので、肌に負担が少ないのもポイント。

ニューボーン ラスティングWブロウEX N

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

ティントリキッドタイプのアイブロウとパウダータイプのアイブロウがひとつになったこちらのアイブロウペンシル。リキッドタイプと言っても薄づきでふわっとやわらかに仕上がるので使いやすく、パウダータイプでボカしてより自然な仕上がりが叶います。ウォータープルーフタイプで落ちにくいので長時間美しい眉をキープすることができます。

【デパコス 】おすすめのメイクポーチに入れるべきアイテム

続いては、デパコスの中でおすすめのメイクポーチに入れるべきコスメをご紹介いたします。ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

RMK シルクフィット フェイスパウダー

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

ミラーとブラシもコンパクトの中に入っているのでお化粧直しが楽々できるRMKのシルクフィットフェイスパウダー。やわらかく、弾力性のある球状パウダーと、光沢感を生み出す板状パウダーを配合しているので肌にぴたりとフィットし自然なツヤ感を生み出します。余分な皮脂を吸着するマイクロビーズパウダーも配合されているので、テカリを抑えてさらさら肌に。くすみを払拭し透明感ある肌が叶います。

イプサ ザ・タイムR デイエッセンススティック

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

こちらはスティックタイプの美容液で、日中のかさつく肌にうるおいをチャージしてくれます。肌のキメを素早くなめらかに整え、まるでスキンケアをしたあとのようなふっくらうるおいに満ちた肌へ。スティックタイプなのでうるおいがほしい箇所にピンポイントに塗布することができるのもいいですよね。

THREE シマリンググローデュオ

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

こちらは、クリームタイプでなめらかなテクスチャーが特徴のTHREEのハイライト・チークベース。光が欲しい箇所に指でトントンと塗布するだけで、うるんだようなツヤと細やかなパールが輝くハリ感ある肌を演出することができます。ハイライトとしてはもちろん、アイシャドウのベースなどにも使用できるのでひとつ持っているととても便利!クリームタイプなので、ブラシを使わず指で塗ることができるのもお直ししやすくてうれしいですね。

ディオール アディクト リップ グロウ オイル

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

発売後から大人気で一時期売り切れでなかなか買えないという声すらあったディオールのアディクトリップグロウオイル。こちらはチェリーオイルが配合されているので、唇にうるおいをプラスしながらオイルならではのツヤ感を与えます。ベタベタせずにさらりとした使用感で、ひと塗りで唇がぷるんとボリュームアップしたように演出することができますよ。発色はクリアで透け感があるのでどんなリップとも相性が良く、重ね塗りにもおすすめです。

セルヴォーク インフィニトリー カラー

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

コンパクトなサイズ感なのに、目元やチーク、リップなどとマルチに活躍してくれるセルヴォークのインフィニトリーカラー。ポーチの中でかさばることもなく、持ち運びも楽々。なめらかでクリーミーなテクスチャーなので、指でトントンと塗って使用してくださいね。保湿成分が入っているので肌にうるおいを与えながらカラーをプラスすることができます。

【韓国】おすすめのメイクポーチに入れるべきアイテム

続いては、韓国コスメの中でおすすめのメイクポーチに入れるべきコスメをご紹介いたします。韓国コスメ好きさんも初心者さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハクスリー カバークッションファンデ オウンアティテュード

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

高級感と大人のかわいさを兼ね備えたピンクベージュのパッケージが上品なハクスリーのクッションファンデーション。こちらは、保湿効果が非常に高いサボテンシードオイルが含まれたアイテムなので乾燥肌さんに特におすすめです。森林や花のような香りがふんわり香り、気持ちまでリラックスさせてくれますよ。ほどよいツヤ感を残したセミマットな仕上がりが特徴です。

ロムアンド リキッドグリッターシャドウ

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

キラキラをプラスしたいときに役立つリキッドタイプのグリッターアイシャドウ。夕方からのメイクに華やかさや輝きをプラスしたい場合、ポーチにひとつ入れておくと便利です。さまざまな大きさのザクザクしたラメが多方面にキラキラと輝きを放ちます。チップタイプでまぶたや涙袋に塗りやすいのもうれしいですね。

アイムミミ マットトゥーゴー

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

キャッチーなパッケージとコンパクトなサイズ感もかわいいアイムミミのリップ。こちらのリップはマット質感好きさんに特におすすめしたいアイテムです。べたっと色づくのではなく、ふんわりとやさしく色づきグラデーションも作りやすいのでマットリップ初心者の方にもぴったり。ふわっとしたやわらかな仕上がりで色持ちも抜群です。

ザ セム チップ コンシーラー 1.25

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

カバー力が非常に高く、塗った瞬間肌にピタッと密着するコンシーラー。小ぶりなサイズ感なのでポーチにもすっぽりとおさまります。チップタイプで、塗りたい箇所にピンポイントに塗ることができ、少量でもしっかりと肌悩みをカバー。明るい色味はハイライト効果もあるので、くすみを飛ばし透明感をプラスしてくれますよ。

ディアダリア パラダイスデュアルパレット

メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像
メイクポーチの中身は何を入れる?おすすめのメイクポーチの中身選15と選び方解説の画像

コロンと小さめのパッケージと大理石風のデザインでとてもかわいいディアダリアのパラダイスデュアルパレット。目元やチークなどマルチに使用できるので、ひとつあるとメイク直しにとても便利です。低刺激処方なので敏感肌さんも安心して使用することができます。アイシャドウやチークなどをバラバラと持ち歩かなくていいのがうれしいですね。

まとめ

今回は、メイク直しに特化してメイクポーチの選び方やメイク直しにおすすめなアイテムたちをご紹介させていただきました。暑い季節は汗もかきやすく、メイク直しが頻繁になる季節。ぜひ夏のメイク直しに参考にしてみてくださいね。

人気レビューランキング

無料ダウンロードする