アプリで開く

アプリでもっと便利に!

NOIN

初めての購入はNOINアプリがお得

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!

mayu3

mayu3

敏感肌 / 黄色

ヘアメイク、美容学校講師、コスメコンシェルジュインストラクターなど幅広く美容のお仕事してます。(所有資格)美容師免許、コスメコンシェルジュ®︎インストラクター、メディカルヘッドスパ美容矯正士、メディカル美容矯正士、管理美容師、コスメ薬事法管理者、嗅覚反応分析士、ヨガインストラクターRYT200

更新日時: 配信日時:
【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像
【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

二重アイテムとして話題のアイトーク。ここでは、ヘアメイクをしながら美容学校で講師をしている筆者が、アイトークの魅力をご紹介します。まぶたのタイプ別に合わせて、おすすめのアイテムもまとめていますので、アイプチ難民の方はぜひチェックしてくださいね!

「今回この記事を執筆したのは」

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

Mayu3(まゆみ)

美容師免許、管理美容師、メディカル美容矯正士、メディカルヘッドスパ美容矯正士、コスメコンシェルジュインストラクター、嗅覚反応分析士、コスメ薬事法管理者、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。
現在はフリーとして、美容学校や化粧品学校にて講師を勤めつつ、ヘアメイク、ヨガインストラクターなど、幅広く美容のお仕事に携わっている。

紫?緑?ピンク? 自分にあったアイトークのアイテムで二重をゲット

アイトークのアイテムの魅力はなんといっても種類が豊富なところ。初めて使う方には使いやすいピンク、自然な二重に見せたい方は透明の緑、重たい瞼の方は接着力が抜群の紫、というように使う人やまぶたのタイプに合わせたアイテムが揃っているので、誰でも理想の二重にチャレンジできるのが特徴です。

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめアイテムをご紹介!

まぶたのタイプ別にアイトークのおすすめのアイテムをご紹介します。

【厚めまぶたの方に】接着する液体タイプ

まぶたが厚い方は接着タイプがおすすめです。ここでは、その使い方とアイテムをご紹介します。

接着する液体タイプの使い方は?

STEP1 ふたえのラインを決める
付属の専用プッシャーで、まぶたを押し上げながら、二重のラインを作る位置を決めます。まつげの生え際から4~6mmが目安です。

STEP2 液を塗る
決めた二重ラインの上に沿わせて液を薄く塗ります。なるべく薄く、均一に塗ると仕上がりがキレイになります。

STEP3 接着をする
液が半乾きになったら、専用のプッシャーでラインの中央を押さえて目を開けてそのまま15秒キープします。まばたきしてもOKです。

STEP4 できあがり
ラインのガタつきを整えたら完成!

『アイトーク』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

液が白いので、塗ったところが分かりやすいのが特徴です。使い方は、まぶたに塗った後で、専用のプッシャーで押さえるだけ。液が乾くと透明になるので、自然な二重を演出できます。使い方が簡単なので、初心者の方にも使いやすいですよ。

『クリアアイトークⅡ』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

液が透明なので、つけたところが目立たないのが特徴のアイテム。「崩れたら白くなった」という悩みがなく、奥二重でも、くっきり二重にすることができます。アクリル樹脂を使っているので、ラテックスに弱い方でも使いやすいですよ。

『アイトーク スーパーホールド』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

粘着力が抜群で、少量でもくっきり深い二重に仕上げるので、二重になりづらい重たいまぶたの方におすすめです。汗や水に強いウォータープルーフなので、キープ力も◎
接着力、キープ力どちらもほしい! という方におすすめです。

『アイトーク スーパーウォータープルーフ』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

ラテックスフリー、無香料、保湿成分配合が特徴です。汗や水、涙、皮脂に強いウォータープルーフ処方なので、耐水性も抜群! 二重にしたけど崩れやすい、という方におすすめです。

『アイトークエクセレント』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキスなどの植物性保湿成分配合で肌に優しいのが特徴です。従来より接着力が15%UPしているので、二重のキープ力も◎
「くっきり二重にしたいけど、肌に負担をかけたくない!」という方におすすめです。

【薄めまぶたの方に】接着しない液体フィルムタイプ

まぶたが薄い方におすすめなのが、接着しないフィルムタイプです。ここからは、使い方とアイテムをご紹介します。

接着しないフィルムタイプの使い方は?

STEP1
ふたえのラインを決める
アイシャドウなどアイメイクを済ませた後に、専用のプッシャーでまぶたを押し上げながらラインを作る位置を決めます。
STEP2
液を塗る。
決めた二重のラインのすぐ下に、2~3mm幅のアーチ状に液を塗ります。さらに、乾いてから重ね塗りをすると、よりしっかりと、まぶたを持ち上げることができます。
STEP3
完全に乾かす
目線を下にしたまま液が透明のフィルム状になるまで乾かします。完全に乾くまで、まぶたにシワがよらない状態をキープしましょう。
STEP4
目を開いたら完成!
フィルムがまぶたを持ち上げ、折り込むことで自然なふたえができあがり。このときに、二重になりづらい方は、専用のプッシャーで折り込んでください。

『アイトーク ハイブリッドフィルム』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

まぶたが厚い方におすすめ。フィルムの硬さにこだわっているので、二重が作りづらいまぶたもしっかり持ち上げてキープします。アイメイクの上からも使えるので使いやすいのもポイントです。

『アイトーク ハイブリッドフィルム スーパーマット』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

自然な二重に見せたい方におすすめ。テカリを抑えて素肌になじむので、違和感がないのが特徴です。マットに仕上がるからメイクをして浮かないのが◎

【初心者さんに】接着するテープタイプ

初心者の方でも使いやすいのが貼るだけで簡単に二重にできるテープタイプ。ここからは、その使い方とアイテムをご紹介します。

接着するテープタイプの使い方は?

STEP1 二重のラインを決める
専用のプッシャーでまぶたを押し上げながら二重のラインを作る位置を決めます。

STEP2 白い紙をはがす
テープの上の白い紙だけをはがします。

STEP3 持ち手を抜き取る
切り込みに沿ってゆっくりと持ち手を抜き取ります。

STEP4 テープをまぶたに貼る
持ち手を両手で持ち、二重にしたいラインに合わせてテープを貼ります。


STEP5 接着をする
目を開けながら、まぶたが二重になるように軽く押し込みます。

STEP6 持ち手をちぎる
持ち手の中央にあるミシン目を切り離します。

STEP7 持ち手を取り除いて完成!
目頭側、目尻側に向かってそれぞれ取り除いたら、できあがり。

『ワンタッチアイテープ アイトーク』

【まぶたタイプ別】アイトークのおすすめ二重アイテムをご紹介!の画像

両面アイテープだから接着力とキープ力が抜群! まぶたを深く折り込んで接着するから、目を閉じてもバレにくいのが特徴です。肌に負担の少ない医療衛生材料を使用しているから、敏感肌の方にも使いやすいですよ。

まとめ

理想の二重を作るには、まず自分のまぶたのタイプを知ることが大切です。アイトークは、まぶたのタイプに合わせて、なりたい二重に仕上げることができるので、ぜひ、ご自身のまぶたに合わせて選んでみてくださいね。

このページをシェアする

Twitterで共有 Facebookで共有 LINEで共有

人気レビューランキング

無料ダウンロードする