アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
メニューを開く
カートへ
ヘッダーバナー

セルフ派さん注目!市販ヘアカラーおすすめ人気10選を徹底レビュー!

by:マリア りな
更新日時:
配信日時:
セルフ派さん注目!市販ヘアカラーおすすめ人気10選を徹底レビュー!の画像

コスメが超お得!実施中のキャンペーン

市販のヘアカラーは、コスパがよく自分のタイミングで染められるのが特徴です。そのため、急に髪色を変えたくなったときや、日々多忙な方におすすめ!ただ、あらゆる商品があるなかで、どれを選べばいいかわからない方も多いと思います。そこで、NOINが選ぶおすすめヘアカラーを10選ご紹介します!選び方も解説しているため、理想の髪色になれる一品が見つかるはず♡

セルフカラーのメリット・デメリット

まずは、市販ヘアカラーのいいところ・悪いところを紹介します。それぞれを知って、より理想的な髪色を目指しましょう♡

セルフカラーのメリット

・コスパがいい
・時間を選ばず自分のタイミングでできる
・サロンに行く手間が省ける

市販で染めるセルフカラーはとにかく安いのがメリットです!そのうえ、自分のタイミングで染められるため、手軽にヘアカラーをチェンジできます。また、サロンに行く手間なく髪を染められるので、忙しい方の味方です。

セルフカラーのデメリット

・髪が傷みやすい
・塗りムラができやすい
・理想的な髪色に染まらないことがある
・その後のヘアチェンジに影響がでる場合がある

市販のヘアカラーには、美容師経験がない方でも染められるように強いカラー剤が使われています。そのため、サロンで染めるときよりも髪が傷んでしまいやすく、傷むことにより次の髪型に影響がでることもあります。また、髪質によって髪の染まり具合は変わるので、パッケージで見たような理想の髪色に染まらない可能性...!

セルフカラーの選び方

市販のヘアカラーといってもタイプやカラーはそれぞれ。実際に自分が使う際、納得のいく使用感・仕上がりになるためにも、選び方の基準をチェックしておきましょう!

タイプで選ぶ

セルフカラーには、泡タイプのものとクリームタイプ(乳液タイプ)のものの2種類あります。泡タイプのヘアカラーは、液だれしにくく扱いが簡単なところが特徴で、セルフカラー慣れしていない方でも使いやすいです。一方でクリームタイプ(乳液タイプ)は、ムラができにくくしっかり染まるのがうれしいポイント。それぞれ特性が違うので、自分に合ったタイプの商品を選びましょう。

髪の長さや量に合わせて内容量をチェック!

セルフカラーを購入する前に、商品の内容量や推奨される髪の長さを必ずチェック!商品によっては、ひと箱でショートヘアくらいの容量しか入っていないものがあるので、ロングヘアの方だと複数買う必要があります。

ヘアケア剤がついているかもチェック

髪を染める行為はヘアダメージがつきもの。だからこそ、髪を染めた直後はすぐにヘアケアをしたいものです。市販のヘアカラーのなかには、ヘアトリートメントが入ったパウチが付属されているものがあるので、きれいな髪を目指す方は付属品も要チェック!

カラーで選ぶ

市販のヘアカラーには、王道のブラウンヘアに染まるものから鮮やかなピンクヘアに染まるものまで多くのカラーがあります。自分のなりたいヘアカラーを想像して、できるだけそのカラーに近づける商品を選ぶのが◎ちなみに、いまのトレンドヘアカラーは“透明感のある髪色”なので、グレージュ系・アッシュ系・ベージュ系がおすすめ!

トーンで選ぶ

同じブラウンヘアでも、トーン(明るさ)で印象はガラリと変わります。自分の希望に近いトーンのヘアカラーを選ぶのがおすすめですが、明るいトーンのものは発色しにくく、暗いトーンのものは発色しやすいということも念頭に入れておいて!

ヘアカラーは白髪にも使用できる?

基本的には市販のヘアカラーは髪を明るくするためのもので、白髪用のヘアカラーは髪を暗くするためのものです。すでに明るい白髪には、髪を明るくする作用が強い市販のヘアカラーはあまりおすすめしません。ただ、少量の白髪であれば市販のヘアカラーを使っても問題ないので、使いたいヘアカラーがあればぜひ挑戦してみてください。

おすすめ市販ヘアカラー

ここからは、おすすめの市販ヘアカラーを紹介します。NOINでは、ヘアカラーのなかでも有名なリーゼ・ビューティーラボ・ブローネ・パルティ・エンシェールズ・ビューティーン・ルシードエル・フェリア・フレッシュライト・シュワルツコフの10商品をピックアップ!それぞれの特徴や使用感をレビューします。

『リーゼ 泡カラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥599 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:108mL

ニュアンスのあるナチュラルなカラー展開が魅力♡

濃密泡で簡単に染められる『リーゼ(Liese)』泡のヘアカラー。豊かな泡なので、液だれすることなく根本にピタッと留まってくれ、毛先までもきれいにカラーリング!そして、毛髪保護成分(水解シルク液、軟質ラノリン脂肪酸)が配合されているので、髪を染めながらしっとりとした指通りのいい髪へも整えてくれます。透明感のあるナチュラルな髪色にチェンジできるナチュラルシリーズと、明るい場所・暗い場所のそれぞれで違った色合いを楽しめるデザインシリーズの2タイプあり、全部で22色のカラーラインナップがあります。

『ビューティーラボ ホイップヘアカラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥673 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:1剤40g、2剤80mL、美容液5mL

髪へのやさしさ◎ 使いやすい泡タイプ

髪のうるおい成分(はちみつ・果実・植物成分)に加え、アフターカラー美容液も付属されており、とことん髪を労わった市販のヘアカラー。付属の容器で作れるふんわりとした泡でカラーリングできるので、手軽さも兼ね備えています。さらに、色持ち成分であるテアニンとタウリンも含まれていて、長く髪色を楽しみことも◎アッシュピンクをはじめとする暖色系のカラーから、ミスティアッシュをはじめとする寒色系のカラーまで全部で18色あり、好みの髪色が目指せます。ちなみに、とくに人気なカラーはトレンドでもあるシフォンベージュ!

『ブローネ 泡カラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥922 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:セミロング1回分

気になる白髪もおしゃれにカバー!手軽さもピカイチ

白髪をカバーしながら、おしゃれな髪色に染めたい方には『ブローネ(Blaune)』の泡カラーがおすすめ!レッド系やアッシュ系・ブラウン系など全22色から選べ、透明感のある仕上がりにしてくれます。また、プッシュ式のボトルでワンタッチで泡がでてきて、面倒なブロッキングをしなくてもカラーリングできるため、セルフカラーがはじめての方でも簡単に扱えます。放置時間もたった20分なので多忙な方にも◎

『パルティ カラーリングミルク』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥598 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:1剤60g、2剤120mL、ヘアトリートメントセラム5g

テクニックいらずで色ムラのない美カラーが叶う♡

セルフカラーをする際のお悩みのひとつである塗りムラ。これは、カラー剤の量の少なさが原因だと考え、内容量を1.5倍(パルティ従来ヘアカラー乳液タイプ比)にした市販のヘアカラー。髪の生え際から毛先のすみずみにまでカラー剤がいきわたるので、統一感のある髪色に染まります。加えて、密着力のいいこっくり乳液状で液だれもしないので、さらに色ムラを予防。アーモンドオイル・グレープシードオイル(ブドウ種子油)・フルーツエキス(オレンジ果汁・リンゴ果汁・モモ果汁・レモン果汁)・シルクプロテインの4つのトリートメント成分も配合されており、ツヤとうるおいの髪色も目指せます!

『エンシェールズ カラーバター』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥2,933 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:200g

ほぼトリートメント!?ダメージレスな優秀ヘアカラー

90%がヘアトリートメントでできている『エンシェールズ(Ancels)』のカラーバターは、髪をケアするのと同時に、カラーチェンジができるうれしいアイテム。月に一度のお直しにも最適で、ダメージを加えることなくきれいな髪色を目指せます。暗い髪を明るくする脱色効果はありませんが、全27色+クリアカラーで自分の好みの髪色にアレンジすることも可能です!

『ビューティーン メイクアップカラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥655 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:40g+88mL、直後用シャンプー12mL、美容液5mL

鮮やか派手カラーも! 理想のカラーがセルフで叶う♡

明るい髪に塗布すれば、鮮やかな発色の濃い髪色に!テラコッタオレンジ・ワイルドレッド・ティールグリーンといった、セルフで染めるにはなかなか難しい髪色もしっかりと再現してくれ、理想の髪色へと近づけます。また、せっかくきれいに染まった鮮やかな発色をキープするため、色落ちに配慮されたアフターシャンプーも付属!たれにくい乳液テクスチャーから泡状へと変わるので、色ムラも抑えられます。カラーは全部で13色です。

『ルシードエル ミルクジャムヘアカラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥613 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:1剤40g、2剤80mL、アフターカラー美容液(ヘアトリートメント)5g

忙しい日でもサッと手軽に!ふんわりフェミニンなカラー展開も魅力的

とろっとした乳液状なことから、髪へのなじみがよく短時間できちんと染まるのが魅力!しかもコーム状でブロッキングをする手間がないので、簡単に塗り終われます。加えて、約5分ほどの時間で根本から毛先まで塗り終わるため、色ムラを抑えて均一な発色に。髪を染めるのに必要なアルカリも、低めの弱アルカリにコントロールしているので髪へのダメージも防げます。カラーはヘーゼルナッツ・生チョコガナッシュ・きゃらめる・カフェシフォン・クラシックミルクティの5色で、甘い印象のブラウン・ベージュ系に染め上げます。

『フェリア 3Dカラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥1,210 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:-

カラーも髪質もグレードアップ!動きのあるなめらか美髪に

ツヤのある髪色に仕上げ、髪に動きを演出してくれる『ロレアル パリ(LOREAL PARIS)』のフェリア 3Dカラー。動きを感じるような絶妙なニュアンスをつけてくれるので、立体感を覚える髪になれるのがうれしいところです。さらに、ニュアンスアップトリートメントも付いているため、なめらか質感の髪も実現します。カラーは10色で、大人っぽい色合いが多めです。

『フレッシュライト ミルキーヘアカラー』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥545 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:1剤:40g、2剤:80mL 、アフターカラーヘアマスク:15g

柔らかなツヤ美髪に!ハイトーンもお手のもの♡

鮮やかな発色が得意な『フレッシュライト(FRESH LIGHT)』のミルキーヘアカラー。ミルキータイプかつクシ型ノズルで髪を染められるので、ムラなくしっかりカラーリングできます。ダブルオイル処方*も採用しているため、輝きのある髪色にも◎さらに、カラー後に使うフレッシュライト オイル ヘアマスクも付いており、より輝き溢れる柔らか髪へと導きます。カラーは明るめなカラーを中心に13色あるので、ハイトーンヘアを目指す方は要チェックです!

*グレープシードオイル、流動パラフィン

『シュワルツコフ カラースペシャリスト』

公式サイトより

公式サイトより

・価格:¥1,191 (税込) ※公式サイトを参照
・内容量:1剤:50g、2剤:50g、シーリングトリートメント:22.5g、メンテナンストリートメント:22.5g

誰でもサロンのような深みのある絶妙カラーに♡

深い髪色を目指す方や大人女性におすすめなヘアカラーは、『シュワルツコフ(Schwarzkopf)』のカラースペシャリスト。シュワルツコフ独自のカラーテクノロジー「オメガプレックス」により、染料と毛髪保護成分(コハク酸)を、髪内部までしっかりと浸透させます。それにより、深い色合いとしっとり柔らかな手触りを実現!まるでサロンで染めたかのような、ハイクオリティな仕上がりが魅力です◎色はベージュブラウンやピンクブラウン、ナチュラルブラウンなどの、ブラウン系のカラーが9色あります。

市販ヘアカラーの使い方

おすすめの市販ヘアカラーをチェックしたら、使い方もチェックしましょう!正しい方法でヘアカラーを使い、きれいな仕上がりの髪色に♡

事前準備が大切!

セルフ派さん注目!市販ヘアカラーおすすめ人気10選を徹底レビュー!の画像

STEP1:髪をとかす
STEP2:ブロッキングする(必要であれば)
STEP3:フェイスラインや首筋にワセリンやニベアを塗る
STEP4:イヤーキャップを付ける
STEP5:汚れてもいいタオルを首にかける

カラー剤を準備する前の下準備が、きれいな髪色に仕上げるための秘訣です。加えて、フェイスラインのクリームやイヤーキャップ、肩掛けタオルなどの汚さないための予防も忘れずに!

泡タイプ

セルフ派さん注目!市販ヘアカラーおすすめ人気10選を徹底レビュー!の画像

STEP1:1剤と2剤を合わせ混ぜる
STEP2:泡立ってきたら、少量ずつ泡を手に取る
STEP3:後ろ髪から前髪に近づくように、髪全体に塗り進める
STEP4:説明書通りの時間放置する
STEP5:乳化させながらお湯で洗い流す
STEP6:シャンプー・トリートメントをする
STEP7:あれば付属のトリートメントをする

泡タイプは、1剤と2剤をしっかり混ぜることがポイントです。泡に色ムラがないかチェックしてから、髪に塗布するようにしましょう!また、実際に塗るときは、目立ちにくい後ろ髪に塗り、様子を確認しながら全体に塗るのがおすすめ。

クリーム・乳液タイプの使い方

セルフ派さん注目!市販ヘアカラーおすすめ人気10選を徹底レビュー!の画像

STEP1:1剤と2剤をしっかり混ぜ合わせる
STEP2:生え際から毛先、後頭部から前頭部の順で塗り進める
STEP3:頭にラップを巻き、説明書通りの時間放置する
STEP4:乳化させながらお湯で洗い流す
STEP5:シャンプー・トリートメントをする
STEP6:あれば付属のトリートメントをつける

クリームタイプ・乳液タイプを使う際は、しっかりとブロッキングしてから塗ると簡単です。ブロッキングはカラー剤を作ってから準備すると、不要なところにまでカラー剤が付いてしまう可能性があるので、必ずカラー剤を作る前に!

まとめ

市販のヘアカラーの特徴やおすすめの商品をたっぷりと紹介してきました。髪が傷んでしまいやすいというデメリットはあるものの、手軽かつ自分のタイミングで染められる市販のヘアカラーは多忙な方の味方です。さらに、ヘアカラーの使い方も紹介しているので、髪色を変えたくなったときはぜひこちらを参考にしてくださいね♡

マリア りなのレビュー一覧

人気レビューランキング