アプリで開く
アプリでもっと便利に!
NOIN
アプリで開く
メニューを開く
カートへ
ヘッダーバナー

コンシーラーの使い方をお悩み別に解説!おすすめアイテムも

by:manari
更新日時:
配信日時:
コンシーラーの使い方をお悩み別に解説!おすすめアイテムもの画像

コスメが超お得!実施中のキャンペーン

目立つシミやニキビ跡など、肌トラブルをカバーしてくれるコンシーラー。実は肌悩み別で使い分けがあるんです!今回の記事では、ニキビ・クマなど、肌悩み別でおすすめのコンシーラーや上手なカバーの仕方について、詳しくまとめてみました!また、それぞれのおすすめアイテムもご紹介しています。コンシーラーを使いこなせると、ファンデーションの厚塗り感が減って、よりナチュラルな印象を演出できるので、ぜひ実践してみてくださいね!

コンシーラーをうまく使って肌悩みをカバー!

コンシーラーは、ファンデーションではカバーしきれないシミやニキビ跡など、肌悩みをスポット的に解決してくれるアイテムなんです。コンシーラーで気になる箇所のみをカバーできるので、全体的なファンデーションが厚塗りにならず、ナチュラルで垢抜けた印象を演出してくれます。

コンシーラーの種類とそれぞれの特徴

コンシーラーの使い方をお悩み別に解説!おすすめアイテムもの画像

コンシーラーといっても、パレットタイプやリキッドタイプなど、一人一人の肌悩みに合わせて、さまざまなテクスチャーのものが展開されています。ここでは、コンシーラーのタイプ別にそれぞれの特徴について、ご紹介していきます。

パレットタイプ・クリームタイプ

カバー力がありながらも、保湿力もあるパレットタイプやクリームタイプ。目元のクマなど皮膚が薄く、乾燥しやすい箇所などにおすすめ。また、ある程度硬さのあるテクスチャーであれば、ニキビ跡などの濃いシミをピンポイントでカバーしてくれます。

リキッドタイプ

テクスチャーが軽く、するするっと伸びるので、使いやすいのがポイント。肌よりもワントーン明るいものを選んで、ハイライトとして使うのもおすすめです。くすみを飛ばし、肌を明るく見せることができます。

スティックタイプ

ほどよくカバー力があり、質感がなめらかなスティックタイプは、広い部分をカバーするのにおすすめなコンシーラーです。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは、どのタイプよりも密着力が高く、カバー力があるので、濃いシミやほくろ隠しにおすすめです。

【肌悩み別】コンシーラーの選び方

ここでは、シミやクマ、ニキビ跡などの肌トラブル別の、上手なコンシーラーの使い方を紹介していきます。

【シミの大きさ別】上手な隠し方

濃いシミや大きいシミには硬めのスティックタイプがおすすめ!

ケイト『スティックコンシーラーA』

ケイト『スティックコンシーラーA』

濃いシミや大きなシミなど目立つシミには、高密着でカバー力の高い、硬めのスティックタイプのコンシーラーがおすすめです!ピンポイントでシミをカバーすることができます。

<使い方をチェック>

濃いシミには、肌から浮かないようにするために、肌色より少し暗めの色を選ぶようにすると、きれいになじみます。カバーしたい範囲をすこしはみ出す感じで塗って、境目をぼかすようにすると、よりきれいに仕上がります。

おすすめアイテム:ケイト『スティックコンシーラーA』

ライトベージュ

ライトベージュ

・価格:¥880 (税込)
・内容量:3g
・カラー展開:2色
・仕上がり:ナチュラル


スティック状でありながら、硬すぎずクリーミーな質感が使いやすいケイトのスティックコンシーラー。持ち運びしやすいので、外出先でも簡単にお直しできるのもうれしいポイントですよね!ライトベージュは、ピンクがかった明るめのカラーなので、ハイライトとしても使うことができます。

そばかすなどはリキッドタイプやクリームタイプを

コンシーラーの使い方をお悩み別に解説!おすすめアイテムもの画像

そばかすなど笑ったりして皮膚がよく動く箇所には、リキッドタイプなどテクスチャーが軽く、のびやかなものを選びましょう。質感がやわらかなクリームタイプもおすすめ!また、頬や目元は乾燥しやすいので、オイル成分などが配合された保湿力があるものを選ぶと乾燥もしづらく、ほどよいツヤ感を演出することができます。

<使い方をチェック>

ヴェールをまとうように、うすくうすく重ねてカバーすると、厚塗り感がなくナチュラルな仕上がりになります。

おすすめアイテム:マキアージュ『コンシーラーリキッド EX 』

・価格:¥2,750 (税込)
・内容量:‐
・カラー展開:2色
・仕上がり:ナチュラル


マキアージュのコンシーラーリキッドは、リキッドですが細い筆ペン型なので、持ち運びに便利なのが特徴です!みずみずしいテクスチャーで、ナチュラルにカバーしてくれるので、厚塗り感が出ないのがポイント!ナチュラルのカラーは明るすぎないベージュなので、白浮きすることなくムラをカバーしてくれます。

コンシーラーでクマを上手くカバーをする方法

目元は他の箇所に比べて皮膚が薄いので、テクスチャーが重めのものを使ってしまうと、よれたり肌から浮いたりしてしまいます。クマを上手に隠すなら、テクスチャーが軽めなリキッドタイプやパレット・クリームタイプなど、伸びの良いコンシーラーを使うのがおすすめです。

黒クマにはハイライト入りのリキッドタイプを

キャンメイク『ハイライト&リタッチ コンシーラー UV 01 ライトピンクベージュ』

キャンメイク『ハイライト&リタッチ コンシーラー UV 01 ライトピンクベージュ』

暗い印象や顔色を悪く見せてしまう黒クマには、くすみを飛ばしてくれるようなハイライト効果もあるコンシーラーを使うようにしましょう。

<使い方をチェック>

目の下あたりにうすく、全体的にコンシーラーをのせていきましょう。ファンデーションとの境目は、指でトントンしてぼかすのを忘れずに!

おすすめアイテム:キャンメイク『ハイライト&リタッチ コンシーラー UV』

01 ライトピンクベージュ

01 ライトピンクベージュ

・価格:¥638 (税込)
・内容量:6g
・カラー展開:2色
・仕上がり:ナチュラル

キャンメイクのコンシーラーは、中に細かいパールが入っていてトーンアップもしてくれる、ハイライト効果もあるコンシーラーなんです!ライトピンクベージュは、少しピンクみのある柔らかなベージュで、くすみを飛ばしてくれるので、クマ隠しにもおすすめのコンシーラーです。

青くまにはオレンジ系のコンシーラーを

セザンヌ『ストレッチコンシーラー 』

セザンヌ『ストレッチコンシーラー 』

寝不足などでできててしまう青くまには、青と補色の関係にあるオレンジ系のコンシーラーを使うと、青みを打ち消し肌色を整えてくれます。

<使い方をチェック>

よれてこないように、ファンデーションも極力うすく塗ってから、クマの部分にコンシーラーをのせましょう!オレンジみが強すぎるというときは、ファンデーションと混ぜて使うと、色ムラになりにくくおすすめです。

おすすめアイテム:セザンヌ『ストレッチコンシーラー 』

30 オレンジ系

30 オレンジ系

・価格:¥660 (税込)
・内容量:8g
・カラー展開:1色
・仕上がり:ナチュラル


セザンヌのコンシーラーは、独自のストレッチ処方で、皮膚がよく動く目元に塗ってもヨレにくいのが特徴的です。オレンジがかったベージュで、頑固な青クマや茶クマも一緒にカバーすることができます。

茶くまにはイエロー系のコンシーラーを

セルヴォーク『リレイトスキン コンシーラー』

セルヴォーク『リレイトスキン コンシーラー』

茶くまにはトーンアップしてくれる、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。

<使い方をチェック>

下地とファンデーションでベースメイクしたあと、茶クマが気になる箇所に、イエローコンシーラーをのせます。ファンデーションとイエローコンシーラーの境目をなじませるように、指でトントンするとナチュラルな仕上がりに!

おすすめアイテム:セルヴォーク『リレイトスキン コンシーラー』

01 イエロー

01 イエロー

・価格:¥4,400 (税込)
・内容量:1.3g
・カラー展開:2色
・仕上がり:ナチュラル

3種類のカラーが入ったパレット型のコンシーラー。その日の肌の状態で自分で色味を調整できるのがうれしいですよね!イエローは、ハイライトととして使える明るめのカラーや、イエローがかったベージュも入っていて、茶クマをカバーするのにぴったりなアイテム!色味を調整することで、さまざまな肌トラブルに対応してくれます!

範囲別に使い分けるのがおすすめ!コンシーラーでニキビカバー

ニキビをカバーする場合は、ニキビ跡の範囲や状態によって、コンシーラーを使い分けるときれいに仕上がります。

完璧にカバーするのであれば硬めのスティックタイプやコンシーラータイプを

エトヴォス 『ミネラルコンシーラーパレット』

エトヴォス 『ミネラルコンシーラーパレット』

しっかりと完璧にカバーするなら、ペンシルやテクスチャーがかためのものを選ぶと、高密着でよれることなくカバーできます。

<使い方をチェック>

自分の肌よりも少し暗めのカラーのコンシーラーをのせて、カバーします。そのあとに自分の肌と同じぐらいのコンシーラーをのせてカバーし、仕上げにパウダーをのせることで、きれいに仕上がります。

おすすめアイテム:エトヴォス 『ミネラルコンシーラーパレット』

・価格:¥4,950 (税込)
・内容量:3.1g
・カラー展開:1色
・仕上がり:ナチュラル


エトヴォスのコンシーラーパレットは、ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュと、トーンや色味が違うコンシーラーが揃っているので、肌悩みに合ったカラーを自分で作ることができます。これだけで、あらゆる肌トラブルをきれいにカバーすることができるので、ひとつ持っておくと安心ですよね!

広範囲で厚塗り感を出したくない場合はリキッドタイプを

ザ セム『カバーパーフェクション チップ コンシーラー』

ザ セム『カバーパーフェクション チップ コンシーラー』

ニキビ跡が広範囲にある場合、硬めのテクスチャーのもの使うと厚塗り感が出てしまうので、リキッドなどの軽いつけ心地のものを選ぶようにしましょう!

<使い方をチェック>

カバーしたい箇所に厚塗り感が出ないように、薄く塗ってカバーします。ニキビ跡が濃い箇所のみ、重ね付けすると自然にカバーすることができます。

おすすめはこちら:ザ セム 『カバーパーフェクション チップ コンシーラー 』グリーンベージュ

グリーンベージュ

グリーンベージュ

・価格:¥858 (税込)
・内容量:6.5g
・カラー展開:14色
・仕上がり:高カバー

セムのコンシーラーは、リキッドタイプなので重たくなりすぎず、みずみずしい質感で、ナチュラルにカバーしてくれるのがポイント!リキッドなので薄く広げてカバーできるのはもちろん、チップで塗るタイプなのでポイント使いもできます!グリーンベージュのカラーは、赤みを消してくれるので、小鼻の赤みやニキビ跡をカバーしたいときにおすすめのカラーです。

【赤み・毛穴・ほくろ】肌悩みをカバーする方法をチェック

小鼻やニキビ跡などの赤み、毛穴、ほくろなども、コンシーラーを使えばきれいにカバーすることができます。肌悩みに合わせたおすすめのコンシーラーをご紹介していきます!

ほくろカバーには暗めの色のペンシルタイプのコンシーラーを

チャコット・コスメティクス『クレヨンコンシーラー』

チャコット・コスメティクス『クレヨンコンシーラー』

ほくろをコンシーラーでカバーするときは、肌色よりワントーン暗いコンシーラーを選びましょう!

<使い方をチェック>

カバーしたいほくろにコンシーラーをのせたら、あまり伸ばさないようにすると、きれいにカバーできます。肌の上にピンポイントでのせるようなイメージで!

おすすめアイテム:チャコット・コスメティクス 『クレヨンコンシーラー』

190 ライトオークル

190 ライトオークル

・価格:¥1,760 (税込)
・内容量:‐
・カラー展開:2色
・仕上がり:高カバー

スティックタイプで使いやすい、チャコット・コスメティクスのクレヨンコンシーラー。ウォータープルーフで長時間経っても、崩れにくいのがポイント!ライトオークルは標準よりちょっと暗めのカラーなので、ほくろ隠しにぴったりのアイテムです!

毛穴カバーには肌と同じ色のクリーム・スティックタイプを

アディクション『スキンリフレクトフレッシュコンシーラー』

アディクション『スキンリフレクトフレッシュコンシーラー』

毛穴をカバーするときは、クリームやスティックタイプのコンシーラーを使うと、フラットになってきれいにカバーしてくれます。

<使い方をチェック>

小鼻や頬など、カバーしたい毛穴にくるくると塗りこむようなイメージで塗ると、きれいな仕上がりに!肌をフラットにするために、いろんな方向から塗るようにしましょう。

おすすめアイテム:アディクション『スキンリフレクトフレッシュコンシーラー』

 2 ベージュ

2 ベージュ

・価格:¥4,950 (税込)
・内容量:5g
・カラー展開:3色
・仕上がり:高カバー

アディクションのコンシーラーパレットは、4色入っていてこれひとつでさまざまな肌悩みを解決してくれます。また、植物由来オイル* 配合で、保湿してくれるのも嬉しいポイント!しっとりとしたしたテクスチャーで、凸凹のある小鼻などもフラットできれいな肌にしてくれます。ベージュは、標準的なカラーでどんな人でも使いやすいカラーです!

*オリーブオイル・ホホバオイル・サフラワーオイル・セサミオイル・ローズヒップオイル (保湿成分)

小鼻の赤みのカバーはイエローやグリーンが入ったコンシーラーを

コンシーラーの使い方をお悩み別に解説!おすすめアイテムもの画像

赤みには、補色であるグリーンやイエローの入ったコンシーラーを使うと、赤みが打ち消されてきれいにカバーすることができます!

<使い方をチェック>

グリーンのコンシーラーを使うときは、下地のあと、ファンデーションを塗る前に仕込むようにしましょう!赤みのある部分にグリーンのコンシーラーをのせて、その上からリキッドファンデーションでさらにカバーすると、ナチュラルな仕上がりになります。

おすすめアイテム:キャンメイク『カラーミキシングコンシーラー』

イエロー&オレンジベージュ

イエロー&オレンジベージュ

・価格:¥825 (税込)
・内容量:3.9g
・カラー展開:3色
・仕上がり:ナチュラル

キャンメイクのカラーミキシングコンシーラーは、ライトカラー、ナチュラルカラー、ダークカラーの3色が入っているコンシーラー。なかでもイエローのカラーは、赤みのあるニキビ跡や茶クマもきれいにカバーできる、万能アイテム!SPF50で紫外線対策できるのもうれしいポイントですよね!

まとめ

コンシーラーのタイプや、肌悩みに合わせた使い方についてご紹介いたしました!コンシーラーを上手に使って、ナチュラルで垢抜けた印象を手に入れましょう!

manariのレビュー一覧

人気レビューランキング